ハセガワ1/350隼鷹を作る(その24)

2017–07–02 (Sun)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 12.7cm連装高角砲6基分ができました。ハセガワの元々の部品もそれほど悪くはないのですが、多くの艦で装備されたと考えられる上部の閃光覆いがない上に、特徴的な後部の装填手台も専用エッチングの中には入ってなく、1/350でこれらの追加部品はこの記事を書いている時点ではどこからも出ていません。そもそも12.7cm高角砲自体、外部パーツで入手が比較的容易なものはベテランモデルの部品(VTW35031)しかないため、取り替えるなら他に選択肢はありません。


 ベテランモデルの部品はレジン+エッチング+金属砲身のセットで、他に信管秒時調整器がそれぞれ4基分入っています。レジンが細かい部分で折れやすいのと、装填手台のエッチングが多少組みにくく取り付けにくい点もありますが、それらに気を付ければ組める程度の難易度だと思います。


 このセットは旋回手と射手の配置(上画像向かって右側の二つの窓がある部分)に双眼鏡を入れるよう指示されています。実際はこのような装備は無かったようで、高射装置からの計算値に基づいて射撃を行っていたようですが、窓の向こうに何もないとこのスケールではどうも間が持たないのであえて入れました。ステップはモールドを削ってアドラーズネストのエッチング(ANN-0031)を付けています。


 上面にも細かいモールドが付いていますが、閃光覆いを付けると隠れて見えなくなるのが残念です。

 これで部品関係は一旦切り上げて、次からは船体の製作に入ります。
 以下次回。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その23)

2017–06–24 (Sat)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 右舷後部3・5番高角砲座が形になりました。これで6基の高角砲座の製作が一通りできました。


 裏側は高角砲座下のサポートのみ手を入れています。その他の部分のサポートは船体に取り付けてから作る事にします。内側(画像右側)のサポートの内部は図面でも写真でもはっきりしない部分で、キットは下側(画像上側)を覆って完全にクローズする形になっています。この製作でもそのように作るつもりですが、詳しくは高角砲座を取り付ける際に述べる事にします。

 次回からは6基の高角砲の製作に取り掛かります。それが済んだら船体の製作に入ります。
 以下次回。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その22)

2017–06–18 (Sun)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 右舷一番高角砲座の周辺は前後の張り出しと関係している部分なのでまとめて調整しています。南太平洋海戦当時の隼鷹は高角砲座下のカバー無し、水面見張所と艦首甲板への通路の下側のカバーは有りとしています。

 これは以前に述べた昭和18年6月14日出図の飛鷹の公式図にそのように描かれているのが元々の根拠です。隼鷹の竣工時の公式図では通路下は通常のサポートが描かれているので、これが正しければ隼鷹の竣工後に何かがあって仕様が変わったと見るのが自然です。そして飛鷹は機関故障などにより、直近の2月の入渠までにほとんど作戦行動に参加していないため、飛鷹の問題で通路の下側にカバーを付けたとは考えにくいものがあります。
空母飛鷹一般艤装図 舷外側面より
右舷一番高角砲座周辺の状況
短艇用の張り出しがありませんが、何らかの理由で描かれなかったもののようです。

 昭和18年までの隼鷹の行動を追うと、初陣のアリューシャン攻略に当たって激しい荒天続きだった事が搭乗員や乗員の手記に残されています。以前の記事でも触れたように隼鷹は昭和19年12月にも荒天で飛行甲板前端と艦首機銃座が損傷する被害を受けているので、初陣で艦首甲板への通路が想定外に損傷した可能性は充分考えられます。公式の記録は一切存在しない上にマリアナの直前には確実に存在している高角砲座下のカバーの設置時期など詰め切れない部分もありますが、一応そういう判断で作ることにします。


 高角砲座下の内側のサポートは、キットの部品K17から切り出して足りない部分をプラ板で埋めた上で通路の開口部を開けています。なおマリアナの直前はこのサポートの下に穴空きの支柱(部品E34/36)がありますが、竣工時の隼鷹の公式図には描かれていない事から今のところは付けないつもりです。

 以下次回。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その21)

2017–06–11 (Sun)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 私自身の事ではありませんが、この2週間は色々あって模型どころではありませんでした。やっと落ち着いてきたので徐々に再開している状態です。従って製作も高角砲座の半分を作ったところまでです。


 高角砲を砲座に載せるとこのような感じになります。ベテランモデルのレジンパーツを使いますが、画像は比較用に仮に組んだもので上部の閃光覆や後部の装填手台などは付けていません。ステップはアドラーズネストのエッチングフックセット(ANN-0031)を使用しています。1/700と1/350共用と書かれてはいますが、厚み的に1/700専用品のようで、1/350では装備品等に部分的に用いるほかは使い道が限られるように感じます。


 背面はこんな感じです。高角砲は砲座に引き続いて製作するので、またその際に詳しく述べることにします。


 下側のサポートは前回に述べた通り、一部または全部をプラ板で作り替えています。

 以下次回。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その20)

2017–05–27 (Sat)
 前回の続き。

写真日本の軍艦4巻より
(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 隼鷹の高角砲座の内部には、砲を取り囲む形で木製の台が設置されています。これは終戦後の写真に明確に写っていて、キットにもモールドがありますが、機銃台と同じく成形の板厚の関係で極く浅い段しか付けられていません。これでは1/700と表現的に差がないので、実艦と似たような形にします。


 具体的にはまずキットの部品の床面を鉄甲板・台の部分共に0.7mmほど削り込んで下げ、鉄甲板の範囲を広げた上で滑り止めのモールドを付け直します。次にエバーグリーンのVグループプラ板の2025番(0.64mm間隔筋彫り入り、0.5mm厚)を台の形に切り出して高角砲に向く部分の裏面を0.3mmほど削り込んで0.5mmの足を付けます。やや肉厚気味のブルワークも内側を削り込んだ上でレインボーの三角穴空きエッチング板(Rb7015)を付けて形にします。塗装の関係で高角砲座と板の部分は接着せずに取り外せるようにします。

 …と書いても良くわからないかもしれませんが、私自身も部品の底を透かしてみながら大体こんな感じで削ったり貼ったりしているので上手く言葉にはできません。要は台に接する部分のブルワークの高さを変えずに台と砲座の底に空間を設ける工程になります。


 ブルワークの厚みを削って薄くするのはスケールを問わず良くある作業ですが、内側にサポートのエッチング材を貼り付ける場合、断面で底を広く上が狭い三角形状に削ると合いが良くなります。上の縁の部分だけを削ってエッチングを取り付けると、縁の部分に隙間が開いてかえって見苦しい表現になります。また三角形に削った場合は面倒でも個々のエッチング材の底の部分を斜めに切る必要があり、そうしないと底が合いません。キットによっては一見薄手のブルワークのように見えても上端だけが丸く削られているものもあるので注意が必要です。

 なお、この製作では内側のエッチング板はオーバースケール気味なので、キットのモールドより若干間隔を開けて取り付けています。


 高角砲座の裏側の三角サポート板は軽め穴を空けたプラ板と交換しますが、板の全てを取ってしまうと上で述べた砲座の底を削り込む過程で砲座が破れて抜ける可能性があるため、何枚か残して処理します。ここでは2枚残していますが、どうも表現的に大差がないので、以降の製作では斜めの4枚を残して十字の部分を付け替える事にします。

 なお、1/350の高角砲座はキットの三角板モールド全てに直接穴を空ける手法もありますが、ドリルの側面で他の板を傷付ける可能性がある上に、砲座支柱近くまで綺麗な穴が揃えられないのであまりお勧めはしません。このスケールであればプラ板での付け替えもそれほど困難ではないので、ドリルが水平に入るまで板を間引いた上で作業する方が綺麗に仕上がると思います。

底のサポート板に軽め穴を空ける場合、全ての穴の上下を揃えると綺麗に見えます。
左右の間隔は多少ずれていてもそれほど目立ちません。


 以下次回。

« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場