短信

2014–10–04 (Sat)
 前回の記事で次は球磨と鬼怒の話と書きましたが、1回お休みして連絡事項などを幾つか。

 このブログの運営会社に対する昨今の報道は御存知の方もあるかと思います。現状問題になっているのは動画サービスでブログではありませんが、ネット上のサービス、特に無料系は運営の都合である日突然消滅する事も無いとは言えません。少し前からブログ内検索が表示されないなど若干の不具合も残っています(機能するようになりましたが、タイトル一覧から記事の直接表示に仕様が変更されています)。もし万が一にも突然接続不能といった事態に陥った場合は、放置状態の本サイトのトップで以後の対応を連絡するつもりです。



 長らく記事がない1/100海王丸に関しては、船体の修正が大規模になることからやり方を検討している状況です。今のところ撤退は考えていませんが、今後もかなり厳しい製作が続くだろうと見ています。これに関しては年内に現状を書くつもりです。



 平均寿命までまだまだ余裕があるとはいえ、精神力が何事もかつてに比べて続かなくなり、家族や親類縁者にも模型を趣味とする者がいないので、この先作れそうも無いキットはあまり抱え込みたくはありません。100%作る可能性がないウォーターラインの旧キットやエレール・レベルの帆船以外のキットなどは近年迄にほとんど手放しました。とはいうものの、生産の一時休止などで市場に無くなってから急に欲しくなる事もあり、再販は当分先と読んで多少割高なコレクション品を求めた後に再販決定の広告を知る事もままある訳で、どうすべきかなと思案しているこの頃です。

短信

2014–06–28 (Sat)
 最近はちょっと事情があって時間が空くと航空母艦関連の文献や戦記を読んでいます。日本の航空母艦は全体でも25年弱と歴史が浅かった上に、支那事変以降は公表される情報も少なくなり、結果としてよくわからない部分が比較的多く残っている艦種です。現在資料などで示されている飛行甲板のマーキングも数少ない航空写真などから推測したもので、個々の意味については不明なものもあり、一般的な規則などはあまり判っていません。それどころか飛行甲板の木甲板の範囲や木甲板の有無といった事柄ですら混乱があるほか、大戦中の機銃増設や改装状況もよくわからない艦の方が多いのが現状です。航空母艦は模型の世界でも考証が明らかに足りなかったりスケールを問わず組み辛いキットが少なくないのですが、これも情報の混乱と無縁ではないと思います。



 その関連でミッドウェー海戦の資料も読んでいます。海戦そのものはもうほとんど語り尽くされていますし、その是非は戦史研究家の仕事で模型屋のすることではありません。しかしながら、海戦前の日本全体を覆っていた極端な楽観主義と不都合な情報の軽視、敵戦力の見積もりや出方を味方側の願望でしか図れない分析能力、戦闘で想定外の状況に陥って引き起こされる現場の判断と対応の誤り、敗戦の現実に向き合えず曖昧にされてゆく原因と指導部の責任の追求…といった一連の経緯を読んでゆくと、あれから70年以上の歳月が流れてもなお、『国民性』といったものは変わらないという事を痛感します。

短信

2014–05–17 (Sat)
 例年と同じく5月中旬の今の時期は静岡見本市の真っ最中で、今年上半期~後半の各社の新製品がほぼ出揃ってきました。船の場合は事前に情報が出る事が多く、会場発表で目を引いたのは今のところアオシマのアークロイヤル(空母として初代の方)ぐらいです。もし大戦中の英空母が出るとすればハーミスだろうと考えていたので多少意外な感もありましたが、ビスマルク追撃戦で重要な役割を果たした艦の一つですし、航空母艦の技術的な基本形を固めたという意味でならハセガワの新版赤城やタミヤのサラトガと並んで意味があるのかもしれません。

 フジミはここ数年静岡見本市には参加していませんが、開催時期に合わせて艦船の新製品を自社ホームページで公表しました。中でも目を引くのは1/350加賀ですが、1/700の洋上模型のキットが万全とは言い難い内容であることを考えるとかなりの不安があります。もし1/700を出した後に一般に知られていない大改装後の資料が入手できているのなら心配ありませんが、公式図も鮮明な写真も残っていたはずの1/350飛龍をメーカーがどう捉えていたのかという点も含めて、これはキットが出たら感想を書くことにします。

短信

2014–03–10 (Mon)
 例年と同じく年度末でばたばたしています。一昨年からは年中年度末のような惨状で、夜の夢の中まで走り回る有様ですが、自営(業)とは後ろ盾が無い事と表裏一体ですからそこは割り切って行くしかありません。

 もう一つ頭の痛い問題はPCのOSが未だにXPのままで、御存知のように4月でサポートが切れるために一ヶ月以内に新しいOSと入れ替えなければなりません。最新の8はXPと操作体系が異なる上に周辺機器の対応の関係もあって一世代前の7の64bit版を入れる予定ですが、現在入っているソフトを洗い出してそれぞれ対応状況を確認し、使い続けられるものと新たに購入するもの、バックアップすべき設定や環境を決めてインストールの手順を整理しておかないとトラブルの元になります。しかしながらまだ全然手が付いていません。

 それと、私が使っているほとんどの周辺機器は7の64bit版でも使用できますが、唯一アルプスのプリンタMD-5500だけは動きません。7にはXPの互換モード機能が付いたバージョンもありましたが、XP本体と同じタイミングでその部分のサポートが切れてしまうので使うことができず、プリンタ本体もとうの昔に生産が終わっているので新しいドライバが出てくる見込みもありません。

 とはいえ、インクジェットで白や金銀を印字できる一般家庭向けのプリンターが存在しない以上、模型用に使うプリンタとしてMD-5500の替わりはありません。予備で持っているXPのPCをネットから完全に切り離して専用機とし、データだけ持っていってプリントする形にしようかなとも考えています。



 少し前に意見をという事で問い合わせを受けた方にですが、一応記事は書いていますが、自分としても読み直すのもうんざりするような文章になったので、一般に公開はせずにメールという形で直接送る事になるかもしれません。内容を再考しておりますので、いましばらくお待ち頂ければと思います。

短信

2013–10–18 (Fri)
 またしても広告が出るまで放置状態で誠に申し訳ありません。体調はかなり良くなったのですが、赤貧暇無しの生活は待ってはくれません。少なくとも来年年明けまではこのような状態が続く見込みです。しかしながら、今年はあまりにも放置が続いたので年末までに何か考えます。


 前回の記事で書き漏らしたことですが、御存知の方も多いと思いますがJR呉駅の列車の発車メロディは今年から宇宙戦艦ヤマトの主題歌が使われています。商店街の中に松本零士氏のギャラリーを設けるなど、呉は町おこしの手段としてコラボする動きがあり、これもその一環のようです。

 宇宙戦艦ヤマトの最初のTVシリーズが放送されたのは今から40年近く前のことでした。当時は先の大戦の記憶が社会にまだ色濃く残っていた時代で、メディアに於ける戦争の扱いと戦闘描写の是非について真剣に論じられた事もあったと聞きます。この作品に於いても戦艦大和の撃沈を説明するシーンで軍艦マーチを使用したところ、スタッフの中から旧海軍を強く印象付ける表現は娯楽作品の趣旨に誤解を与えかねないという異論が出て、その後の再放送ではBGMが差し替えになったことがあり、町おこしのコラボなどは全く考えられないことでした。今年放送された新作アニメでは純粋な娯楽作品としての捉え方しか見聞きしなかった事と合わせて、歳月の重さを感じます。


 それと、9月末を以て日本模型がプラの組立模型の生産出荷を終了したという話があります。艦船模型にとってはある程度折り込み済みではあるものの、一つの節目を迎えた感があります。このことに関してはまた改めて述べることにします。

« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場