続・旧海軍艦艇の推進軸の「色」について。

2018–01–21 (Sun)
 これは隼鷹の船体塗装まで進んだときに触れるつもりでしたが、先日Twitterで推進軸の色が話題になったのでその関連で触れることにします。



 以前、旧海軍艦艇の推進軸の「色」について。という記事を書きました。その後、防研史料閲覧室の技術関係を見ているうちに、こんな資料に当たりました。

「入渠艦船乾水後ニ於ケル船底塗料成績調査 昭和十四年度
 昭和十五年七月 呉海軍工廠 造船實驗部」

(防衛研究所史料閲覧室登録番号(6)技術-研究資料-376)

 これは昭和14年から15年に掛けて入渠した艦艇の船底塗装の報告のうち、成績不良に属するものを抜粋してまとめた一覧表です。原書房の昭和造船史1巻p165によれば昭和11年より艦政本部主催で船底塗料の基礎的研究が行われたとあるので、この資料もその一環として作成されたもののようです。
 ここに記載されている艦は以下の通り。

戦艦 山城 扶桑 日向
巡洋艦 摩耶 愛宕 鈴谷 神通 熊野 足柄 夕張 三隈 熊野 神通
駆逐艦 神風 朝顔 峯雲 芙蓉 峯雲 天霧 朝霧 長月 夕霧 水無月 白雪
潜水艦 伊1 伊2 伊3 伊51 伊8 伊75(175)
特務艦 佐多 室戸
敷設艦 勝力 沖島
潜水母艦 長鯨
特務艇 駒橋
雑船 (略)

 艦名に重複があるのは対象期間中に二度入渠し各々の成績が記載されているという意味です。一例として山城の内容を列記します。

・艦名
 山城
・前回入渠 前回出渠
 13-11-2
・今回入渠 今回出渠
 15-1-12
 15-2-10
・経過日数
 437日
・航海日数
 76日
・行動概略
 伊勢、ウルシイ、伊東、岸和田、洲本、佐伯
・使用塗料名
 高田 一号 一回 二号 一回
 (塗分線下2米間)
 ホットヴェネヂアン 一号 一回 二号 一回
・一号塗料成績
 塗分線下約1米間剥落約30%該部厚錆ヲ生ジ以下剥落僅少ナリ
 塗分線下3米間両舷共中央部ニ僅カニ発錆セル所アリ
・二号塗料成績
 水際以下2米間剥落約30%
 青サ富士壺ノ大ナルモノ「むらさき貝」「ゑぼし貝」等約90%
 以下「まくらほや」総苔虫長髭苔虫等全面ニ約90%
・今回塗料要領
 高田ホット 一号 二回 二号 一回及増塗
・推進軸
 前回塗装 ホットヴェネヂアン  一号 一回 二号 一回
 成績 一、二号共剥落僅少ナリ該部発錆ス
     「まくらほや」長髭苔虫等全面ニ寄着ス約80%
 今回塗装 ホットヴェネヂアン  一号 三回 二号 一回
・成績調査所
 横廠

 ホットヴェネヂアン(ホットベネジアン)とは東亜ペイントが製造した、湯せんで温めて塗る厚膜タイプの船底塗料です。このように塗装要領と入渠後の状況が詳しく書かれているものです。

 そしてこの資料では空欄や不明となっている特務艦佐多・室戸及び雑船を除き、上記の艦船の推進軸は全て塗装処理とされています。以前の記事で挙げた海軍制度沿革の艦艇推進軸防触法の内容と合わせると、昭和15年の時点で艦船の推進軸の防蝕法は船底塗料による塗装、すなわち艦底色が一般的だったのではないかと考えます。

 ただし、(私自身は未確認ですが)明治ゴム製造所の社史には大正9年竣工の呂1・昭和元年竣工の伊1以降、全ての推進軸のゴム巻きを担当した旨が記載されているそうなので、潜水艦に関しては当初はゴム巻きを採用し途中で防蝕方針が変更になったのかもしれません。

 あと以前の記事でも書いた事ですが、事実としても推進軸が艦底色の模型は見栄えがしません。規定は知識として、より模型映えする金や銀系の色など推進軸は各人の好みで処理して良いのではないかと考えます。

 この項目は以上です。

« ハセガワ1/350隼鷹を作る(その44) | HOME |  ハセガワ1/350隼鷹を作る(その45) »

コメント

失礼致します。

ちょっと提案があるのですが、この表題の「推進軸」というのを、「船外軸」とした方が良くはないでしょうか?
黄銅合金の被金は、全通合金スリーブは勿論の事、塗装防蝕法でもゴム巻防蝕法でも推進軸の防蝕処置された部分の端、軸受けと接触する部分に施工されているので(この場合は分装合金スリーブという事になる)、張出軸受、エディプレートと船尾管に隠れて外側からは見えなくても、推進軸に金色の部分は必ずある筈です。「船外軸」の厳密な定義はチョット分からない部分がありますが、今、モデラーの皆さんが情報として求めている事柄には、より近い言葉である様に思います。

ところで、ご存知かもしれませんが、特務艦「室戸」は1軸艦であり、且つ、船尾管内の潤滑は海水を使わない油潤滑方式(深尾式船尾管注油装置*)であったそうで、推進軸に塗装やゴム巻等の防蝕処置を必要としませんでした。但し、船尾管内の事なので、模型的には、カット・モデルでも作らない限り利用不能な情報ですが・・・。

*「深尾式船尾管注油装置に就て」深尾淳二
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10782744

失礼致しました。

失礼致します。
連続書き込みで、すみません。

防研の史料、大変興味深いですね。
個人的には2m幅の水際塗装を水際専用の塗料ではなく、高田船底塗料(日本油脂社)の2号塗料を使用しているのが興味深いと思います。http://seaandsky.jp/tosyou.htmlで公開されている「運用術教科書 卷の四(保存整理)」(出版年不明)では、3号塗料について「我海軍ニテハ使用セザル~」と書かれているので、この事と符合すると考えても良いかもしれません(但し、同じ資料に現今艦船に供給される物として“水際塗具”の記述が有るという矛盾もあるのですが)。高田船底塗料はホットベネジアンと違い、一般的な乾性油塗料だったので、いくらか湿乾作用に強いのかもしれません。ホットベネジアンは、この点弱かった様で、昭和3年の空母赤城での国産ホットベネジアンの試験では水線付近まで塗り上げてしまった事による剥離が報告されています(JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C05023865300、公文備考 昭和9年 L 会計(契約付属) 巻5(防衛省防衛研究所))。
ところで、潜水艦の推進軸の塗装は、高田船底塗料の1号と2号でしたか?それとも、中国船底塗料の1号と2号でしょうか?あるいは万国船底塗料でしょうか・・・、ベネジアン船底塗料という事は無いだろうと思いますが、いかがでしょうか?

お暇な時にでも、レスして下さると幸いです。
失礼致しました。

鳶色さん、いつもありがとうございます。
潜水艦の推進軸の記述のみ手短に。

伊1
前回不明 今回高田一号・二号各二回
伊2
前回 高田一号・二号各一回
今回 高田一号・二号各二回
伊3
前回 高田一号二回・二号一回
今回 高田一号・二号各二回
伊51
前回 ホットヴェネヂアン一号モレビア二回、二号一回
今回 高田一号・二号各一回
伊8
前回 ホットヴェネヂアン一号モレビア二回、二号一回
今回 ヴェネヂアン一号二回・二号一回
伊75
前回 高田一号・二号各二回
今回 高田一号一回 塗具セメント繕 一号・二号各二回

以上です。

失礼致します。

ありがとうございます。
個人的にですか、素晴しい情報の新発見をさせて頂きました。
緑色の艦底色の伊号潜水艦は実在していたのですね・・・。
私はホットベネジアン塗料は、「日本塗料工業史」(*1)や大島重義の回想録(*2)等から、1ヵ年以上入渠の予定が無い艦、且つ、巡洋艦以上の軍艦に使用される物と思っていました。伊号潜水艦にも使用されている事を考えると、駆逐艦等(?)も含めて、もっと使用範囲が広いかったのかもしれませんね・・・。
すみません、念の為、たぶん、まちがいは無いとは思いますが、推進軸がベネジアンになっている艦は、船体(船底)もベネジアンと考えて宜しいでしょうか?

*1「日本塗料工業史」(日本塗料工業会)821~822頁
*2「ペイント. (22)連合艦隊と船底塗料の裏話」(東亜ペイント)26~30頁

失礼致しました。

 鳶色さん、こんにちは。
 ばたばたしていて返事が遅れてしまいました。

 この表では推進軸がベネジアンでも船体(船底)は別と書かれています。曰く、

伊51
前回 使用塗料 高田 一号 二回 二号 一回
   推進軸 ホットヴェネヂアン一号モレビア二回、二号一回

伊8
前回 使用塗料 高田 一号 二回 二号 増塗(黒色) 及一回
   推進軸 ホットヴェネヂアン一号モレビア二回、二号一回
今回 使用塗料 中国 一号 二回
        高田(黒色)二号 増塗 及一回 中国 二号 一回
   推進軸 ヴェネヂアン一号二回・二号一回

 ということです。
 すみません手短に。

失礼致します。

MOMOKO.120%さん、早速の御返信、ありがとうございます。

またまた驚きの情報です!
推進軸が緑(ベネジアン)に船体(船底)が赤(高田・中国)と・・・こんな変則的(?)な塗装もあったのですね・・・試験的な物かもしれませんが、面白いです。
高田船底塗料の黒色の使用も興味深いですね。「中国塗料100年史」(中国塗料株式会社)9~10頁によると1933年から艶消し黒色の迷彩用塗料が海軍に採用されているので、組み合わせると現代と同じように真っ黒な潜水艦になりますね。

失礼致しました。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://momo120.blog69.fc2.com/tb.php/923-6df564b4

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【3件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【5件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【5件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場