旧海軍艦艇の推進軸の「色」について。

2015–06–27 (Sat)
 長門型戦艦の外板の関連で防研史料閲覧室の図面関係を見ているうちに、こんな資料に当たりました。

「図学教科書 造船之部 昭和12年」
(防衛研究所史料閲覧室登録番号(6)技術-船体-15)

 横須賀海軍工廠の教習所で用いられたテキストのようで、海軍公式図面の種類と製図工場に於ける担当部署の割り振り、船殻構造や熔接・艤装などの規定がまとめられた80pほどの資料です。艦船の船体内部各部署別の詳細な塗装規定も書かれていましたが、一つ気になる記述がありました。

番號塗具ヲ施スベキ個所塗具ノ種類及囘<回>数
下 塗仕 上
(29)推進器及推進軸
a.推進器…………
b.推進軸…………

a.塗具ヲ施サズ

大正十三年十一月二十日付艦本普報第五號艦船推進
軸防触法ニ依ル

 模型の世界に於いて旧海軍艦艇の推進軸の塗装は、かつては見栄え優先で金色に塗られる事が多かったのですが、最近は銀色または艦底色とする作品が増えているようです。私は入渠中の写真の印象などから艦底色塗装が標準だろうと考えていたのですが、被爆横転した艦艇のカラー写真や映像では、練習艦出雲のように塗装されているものがある一方で、空母天城には塗装が認められません。先日述べた泉江三氏の「艦艇スケールモデルの作り方」では『実艦の軸は鍛鋼削り出しで仕上げたまま塗装しないのがほとんどである』(16回、世界の艦船1962年04月号p86)と書かれています。泉江三氏の「日本の戦艦 上巻」のp207には『プロペラ軸に於いて防触対策が必要であり、この場合には「被金」による方法が用いられる。これは海水に接する軸の部分の全長にわたり、制動下の円筒を焼きばめ、または圧入押し込みによって装着するものである』と書かれています。、

 上記の塗装規定では推進軸は別法に依るとあります。推進軸の塗装は吃水標等とは違って細かく図示するようなものではなく、一律規定ならばスクリューと同じく塗装するかしないかを記述するだけで良い訳ですから、その塗装には何らかの条件が存在する事が推察できます。

 ところが機関関係の艦政本部通達規定をまとめた「艦本機普報」はあるものの、「艦本普報第五號艦船推進軸防触法」の本文を記載した資料は防研史料閲覧室には見当たりませんでした。そこで国会図書館の近代デジタルライブラリーにある『海軍制度沿革 巻八』の艦船の項目を見てみたところ、p671-672に似たような法令がありました。

◎艦艇推進軸防触法
明治四十二年一月十五日(官房九〇)

 艦艇入渠ノ際推進軸々面ニ些少タリトモ侵蝕ノ傾向アルヲ認メ
 タル時ハ左ノ方法ニ據<拠>リ防触法ヲ實施スベシ
 推進軸々面ハ充分掻消淸掃ノ上曹逹溶液ヲ以テ軸面ヲ洗浄淸
 拭シ状態ニ依リ赤鉛ヲ一囘乃至三囘塗抹シ腐食部ニハ油漆喰<パテ>
 ヲ填充シタル後「アンチ、コロシープ、ペイント」ヲ一囘塗
 抹シ更に「アンチ、ファウリング、ペイント」一囘塗抹ス可シ
  但シ防錆塗料ハ毎囘塗抹ノ都度充分乾燥セシムルを要ス

 アンチ、コロシープ、ペイント(anti crrosive paint)は船底一号<下塗>塗料、アンチ、ファウリング、ペイント(anti fouling paint)は船底二号<上塗>塗料の事で、すなわち艦底外板と同じ船底塗料を塗る事を意味します。同一の法令は海軍の法令規則をまとめた『海軍諸例則 巻三』にも、p509 第十七類 艦船造修の項に於いて「艦艇入渠ノ際推進軸面侵蝕ニ注意」というタイトルで掲載されています。これは昭和10年6月1日改版なので、上記の艦本普報第五號艦船推進軸防触法よりも後のものになります。つまり細部に若干の違いがある可能性はありますが、防触法そのものの基本方針には違いが無いと推察できます。

 推進軸の塗装は防触対策で、侵蝕が認められた際に実施するのであれば、新造艦の天城の推進軸が無塗装で、艦歴の古い出雲のそれが塗装されていた事にも説明が付きます。目安まではわかりません し、海軍の規定で上述のように推進軸に被金が施されていたのか、他の腐食対策が施されていたのかも判りませんが、艦歴の古い艦は塗装し、竣工時または大戦中に竣工したような新造艦は無塗装=銀とすれば区別になるかもしれません。

 ただし、前にも書きましたが推進軸が艦底色の模型は個人的にはあまり見栄えを感じません。規定は知識として、各人の好みで処理して良いのではないかと考えます。

 この項は一応これで終わりです。

« 続・長門型戦艦の外板について | HOME |  1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その13) »

コメント

失礼致します。

泉江三氏の話なのですが・・・、
「日本の戦艦」(グランプリ出版)で、
以下↓
プロペラ軸に対して防蝕対策が必要であり、この場合には「被金」による方法が用いられる。
↑以上(上巻207頁)
と書かれています。 確かに被金すれば無塗装で良い訳ですが、この方法はシャフトブラケットの有る様な軍艦では、一般的な方法で無いように思います。 因みに最近の護衛艦などはゴム巻きが主流な様です(施工後に塗装するかは別)。
↓推進軸ゴム巻(ミカサ工業)
http://www.mikasa-industry.com/ship/rbas
また、同じく「日本の戦艦」上巻207ページで、
以下↓
特にマンガン青銅を主材料としたプロペラの例をとると、高速回転する翼端は特に浸触が激しく、この電気的な腐蝕を防止するため保護亜鉛が使用される。
↑以上
といった、金属のイオン化傾向差による電解腐食と、キャビテーションによるエロージョン(壊食)の違い(化学と物理の違い)を良く解っていないのか、ただ単に失念しただけか・・・と思わせる様な記述もあります。
以上、ちょっと思い出しました事ですが・・・。


失礼致しました。

御指摘ありがとうございます。

 鳶色さん、御指摘ありがとうございます。
 よく考えてみれば推進軸が鍛鋼削り出しの無塗装のままで支障がないのであれば、船が防触対策に苦心する必要もない訳で、新しい資料での確認が疎かになっていました。艦艇は作戦行動の都合で一定期間毎のドック入りができない可能性も想定されますから、被金のほうが保護塗装等よりもより長期間の効果が見込めそうに考えるので、『シャフトブラケットの有る様な軍艦では、一般的な方法で無いように思います』のところをもう少し詳しく伺えればと思います。

 塗装の有無は艦歴の長さで…と書きましたが、その後資料をチェックしたところKKベストセラーズ刊「日本海軍全艦艇史」下巻p572のNo.1550、昭和18年3月に爆発事故を起こして入渠した駆逐艦旗風(神風型)の写真で、明らかに推進軸の色が艦底色とは違って見えます。艦底の汚れはそのままなので軸の塗装だけを落としたようにも見えず、直近で推進軸を交換するような事があったのかそれともブログの仮定が違うのか考え込んでいるところです。先日公開された戦艦武蔵の海底写真では推進軸のシャフトブラケットから抜けている部分は無塗装のように見え、また軸もブラケットとは汚れ方が若干違うようにも見えます。

失礼致します。


>被金のほうが保護塗装等よりもより長期間の効果が見込めそうに考えるので、『シャフトブラケットの有る様な軍艦では、一般的な方法で無いように思います』のところをもう少し詳しく伺えればと思います。

シャフトブラケットが必要な様な長い軸ですと、被金の工事が困難で、黄銅(砲金)スリーブを何本かにして継ぎ足す必要が生じたり、事後に色々な問題の生じる可能性が有るようです。 また、船体が電解腐蝕に曝される範囲も軸付近まで広がるので、保護亜鉛も増やさなければならないでしょう。
↓宜しければ、此方のpdfを一度、御読みになってみて下さい。
「CiNii 論文 - 螺旋軸保護法としてのVulcanized Gum Liningに就て」
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003879622


>先日公開された戦艦武蔵の海底写真では推進軸のシャフトブラケットから抜けている部分は無塗装のように見え、また軸もブラケットとは汚れ方が若干違うようにも見えます。

例えば、軸がゴム(護謨)巻の場合であっても、シャフトブラケット内の軸受けのリグナムバイタと接触する部分の軸は黄銅スリーブが填められているので、海底写真は納得できると感じます。 軸は、塗装以外に被覆が有るのであれば、塗装だけのブラケットとは様子が違って見えるのではないでしょうか?
ところで、此方のブログ↓
「軍艦武蔵の航跡2」
http://sea.ap.teacup.com/shin1966musashi2/412.html
に、シャフトは錫メッキをしたパイプの中に収まっているのだという情報が有って、今、自分で色々と調べているのですが、未だ他所で同様の情報は見付けられていません・・・。


失礼致しました。

鳶色さん、御説明と資料の紹介ありがとうございます。良く理解できました。軸の件は今後も考えてみます。

失礼致します。

度々すみません。
先の書き込みで、推進軸(螺旋軸)に対して、被金(黄銅スリーブ)のどれ位が短いか長いかという事について、上手く説明できなかったのですが、具体的に数字の書かれている資料を見付けましたので、ご報告させて頂きます。
「CiNii 論文 - 推進軸の保護」
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003869702
本文の内容から、20フィート(約6m)以上になるとスリーブの取り付け工作が困難なようです(1930年代当時)。麻巻法、護謨巻法、塗装法でも、軸の両端(軍艦だとシャフトブラケットとエディプレートに隠れる部分)は被金されているので、その部分も20フィートの範囲内であるかと思います。
ところで、空母天城のカラー写真の推進軸についての個人的な感想なのですが・・・。
当時の船底1号(防錆)塗料の色が現代同様に明るいグレーだったかは知りませんが、私には2号(防汚)塗料が剥がれて1号塗料が見えた結果のように思えます。船腹にも同様の剥がれと思われる部分が有りますし、無塗装の煙道(とは言え、煙道鋼鈑は全て亜鉛鍍金されていた)は錆びているのに、推進軸には錆が見られないのは不思議です。
それと、これも私の個人的意見なのですが、模型の軸を金色に塗るのは一応、理屈には合うと思います。でも、銀色に塗るのは今のところ理屈に合わない様に思います。

失礼致しました。

鳶色さん、いつも貴重な御指摘ありがとうございます。
関連してお話ししたい事もありますが、現在製作に厳しい状況につき
返信には今しばらく時間をいただきたく存じます。

 いつも御指摘ありがとうございます。レスが遅れてすみませんでした。

 空母天城の推進軸ですが、仮に2号塗料が剥がれたとすれば船底と比べて塗料がほとんど残っていないように見える点が気になります。
 記事に上げた練習艦出雲の横転した映像
http://www.youtube.com/watch?v=fKtU1HUQdA4&t=6m16s
 では軸の塗装の剥がれが全く見られない点からも違いは際立っています。

 個人的な考えになりますが、もし海軍艦艇の推進軸の露出部に商船と同じようなゴムの保護材が巻かれていたのであれば、螺旋軸保護法としてのVulcanized Gum Liningに就ての論文にあるように破損時には補修材を当てれば済む事なので、記事で書いた艦艇推進軸防触法が示す、腐食部が見つかり次第パテ埋め清掃して船底と同じ塗装を行う旨の規則にはならないのではないかという疑念があります。いずれにしても、海軍艦艇の推進軸の詳しい仕様が判ればと思うところです。

 余談になりますが、ご紹介された推進軸の保護の論文中にP&Oの Strathnaver号の推進軸に9m近い被金を施したと書かれていたので、実船の船底のわかる写真を探したところ、ニューポート・ニューズ海洋博物館所蔵の大型模型の写真に行き当たりました。
http://www.flickr.com/photos/mr_t_in_dc/6713994019/
 明度とコントラストを上げると船尾のボッシング(エディプレートをブロペラまで延長した商船特有の覆い)の形状がわかります。船の大きさに比して極端に長いという訳でもないようですが、長い被金が作れたというところに意義があったのかもしれません。

失礼致します。


最近、日本海軍の艦底塗料について調べていたのですが、当時の1号(防錆)塗料の殆どが赤褐色であった事が分かりましたので、ここで御報告させていただきます(明るいグレーではありませんでした)。
但し、2号塗料と同じく赤褐色と言っても、使用目的が異なる為に顔料に違いが有り、全く同じ色ではなかったと思われます。下記に国産艦底塗料として広く日本海軍艦艇に使用された高田船底塗料社の艦底塗料100kg中の顔料を書き出してみました。

■2号(上塗 防汚)
 5kg亜ヒ酸(亜ヒ酸銅? 黄緑色)(毒剤)
30kg亜酸化銅 赤微黄色(毒剤)
 6kg酸化水銀(二) 赤色(毒剤)
 5kg酸化鉄(三) 赤錆色(防錆)
10kg硫酸カルシウム 白色(体質)
■1号(下塗 防錆)
 6kg亜鉛末 銀鼠色(防錆)
 6kg酸化亜鉛 白色(防錆)
20kg酸化鉄(三) 赤錆色(防錆)
12kg硫酸カルシウム 白色(体質)
この他に、1号塗料では樹脂として黒色ダンマルゴムを10kg使用します。
又、日本海軍では下塗の1号塗料の更に下塗に、プライマーとして、鉛丹もしくは亜酸化鉛塗料(大日本塗料のズボイド等)を塗っていました(これは、当時の1号塗料の鋼板への密着が悪かったせいかと思われます)。この塗料も赤褐色でしたが、やはり顔料の違いにより、色調は異なると思われます

高田船底塗料社の艦底塗料は、それまで日本海軍で使用されていたイギリスのラジン社、インターナショナル社と同等品、特にインターナショナル社製品を目標として、岡屋甚一によって開発された物で、明治42年に海軍の指定となった物です(但し、インターナショナル社等の輸入品と国産品の比率が逆転するのは昭和10年代以降の事です)。
この他にもロンドン郊外に所在するモラビア社(イタリア系)からベネジアン型と言われる緑色の2号塗料を購入していましたが、この1号塗料も赤褐色でした。こちらも東亜ペイント社の大島重義により国産化され、昭和9年に海軍の指定となっています。

【追記】
「船底塗料に就て」浦 小一郎(明治40年)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nikkashi1898/10/6/10_6_553/_article/-char/ja/
によると、当時のオーストリア・ハンガリー帝国領(現イタリア領トリエステ)のモラビア社ベネジアン型塗料の1号塗料は汚褐色だった様です(当時の広告でも確認できます)。これがどの時点(イギリス工場でか東亜ペイント社でか)で赤褐色になったかは分かりませんが、太平洋戦争時の1号塗料が赤褐色だった事は米軍のレポート等により明らかです。

【参考資料】
「日本塗料工業史」日本塗料工業史編纂会編(昭和28年)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2469332
「U. S. NAVAL TECHNICAL MISSION TO JAPAN(22 Jan. 1946)S-59 Japanese Navy Paints」
http://www.fischer-tropsch.org/primary_documents/gvt_reports/USNAVY/USNTMJ%20Reports/USNTMJ-200I-0552-0583%20Report%20S-59.pdf
「塗料辞典」松本十九 著 (修教社書院, 1942)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1903769



失礼致しました。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://momo120.blog69.fc2.com/tb.php/787-cba51f81

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場