続・長門型戦艦の外板について

2015–06–20 (Sat)
 以前、長門型戦艦の外板について述べた際に、バルジの上方は熔接構造ではないかという指摘を受けました。改めて資料を見直してみたところ、原書房の「日本海軍艦艇図面集」p23に掲載されている長門型戦艦の改装後の中央部構造切断図に於いて、増設分のバルジの上方から下側に沿って所々に溶接記号が描かれている事に気が付きました。

原書房刊「日本海軍艦艇図面集」
戦艦長門型(改装)中央部構造切断図より
(この画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 少しわかりにくい図ですみませんが、赤で示したのが図面から読み取れる溶接記号と考えられるものです。赤矢印は突合熔接記号のように見えますが、現在の工業用図面で用いられるそれとは記述法が異なります。戦前にこのような記述法があったのだろうかと、当時の製図に関する書籍をいろいろ読んでみましたが、結局のところ確証を得ることはできませんでした。

 この図に於いては外板とフレームの接合位置に沿って、所々に丁継手の溶接記号が描かれています。これも現在のものとは若干異なるのですが、戦前にはこのような記述法が成されていたようです(「実用機械製図」産業図書刊<1946>、他)。フレームと外板の接合が熔接ならば、外坂同士の接合も熔接と考えても不合理はありません。

 ただし外板が重ね合わせ継手(緑の矢印)の底部もフレームとの接合は熔接となっています。以前に紹介した桜と錨の海軍砲術学校戦艦「陸奥」引揚解体写真集(公開終了)で、艦首(10)の写真のバルジ上端と船体の接合部や、船体(6)のビルジキール端部付近のバルジの艦底部の外板接合部などにリベット跡が認められる事から、部分によって接合方法が異なっていた可能性は考えられます。

 これらのことからハセガワ1/350長門の雑感の外板に関する部分を再び書き換えました。キットの対処法は『外板の凹モールドは全体的に過剰で、可能ならばバルジ部だけでも埋めたほうが良いのでは』で変わりありません。もしバルジの中央部上方が熔接突き合わせ構造であるならば、尚更のことあのようなパネルライン状の外板モールドは不要です。私が知る限り突合熔接構造の船体外板にモールドを入れたキットは、当のハセガワも含め他には存在しないからです。



 この関連で防研史料閲覧室に先日行った際に、船体構造とは全く別の部分で興味深い資料を目にしました。次回はこれについて書きます。

« 東京に行ってきました(その3) | HOME |  旧海軍艦艇の推進軸の「色」について。 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://momo120.blog69.fc2.com/tb.php/786-4e3d599a

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【5件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場