1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その11)

2015–05–16 (Sat)
 前々回の続き。

 船首の拡張部分の形ができたので、最後にタミヤパテで表面を整えます。タミヤパテはラッカーパテと呼ばれる種別のパテで、塗料と同じく混合されている有機溶剤が揮発する事で固まるものです。溶剤臭がある事を除けば安価で手軽かつ扱い易いパテですが、外気に触れる部分と内部で溶剤の揮発のスピードが異なる事があり、その関係で厚盛りすると溶剤の揮発に伴ってパテの容量が減ってゆく欠点があります。

ラッカーパテの特性と使用方法
(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 つまり表面を触って乾燥したように見えた段階で削ると、内部の揮発が充分でないために時間が経つと面一に削った表面がわずかに凹んできて、埋めても埋めても完全に面一になってくれない事があります。パテと名前が付いていますが、この種のラッカーパテは流動性の低いサフェーサーと捉えるべきものです。

 体感的には0.3mmより厚盛りする場合はエポキシパテ等の化学反応型で事後変形しないパテやプラ材などで可能な限り埋め、最後の表面の「ならし」をタミヤパテで整えるのが有効な使い分け方ではないかと考えています。また、ラッカーパテ自体には強度がほとんど無いので、力の掛かる接着面の荒れを修正する場合は裏打ちなど接着を完全にしておく必要があります。


 まずプラ板をへらとして表面一面にタミヤパテを塗ります。白色のパテもありますが、表面の状態を把握しやすくするために通常のグレーのタイプを使用します。ラッカー系塗料の溶剤を混ぜれば流動性が上がって塗りやすくなりますが、上の図で示したように溶剤を混入すれば揮発後の容積もそれだけ減る(ヒケ易くなる)ので、チューブから出したものをそのまま使います。ヒケ対策にあらかじめ余計に盛る的な使い方も目にしますが、ラッカーパテを必要以上に盛るのはかえって底や中心部の溶剤の揮発を遅らせるだけです。これだけの面積に塗るとなると臭気も強いので防毒マスクと換気扇は必須で、またベランダ等で最低1日は陰干しして溶剤臭が無くなってから整形に掛かります。


 パテが乾燥したら400番のペーパーで削って表面をならします。パテが足りない部分やヒケる部分があれば再度塗って削ります。最終的には手の平でさすって違和感がなくなるまで表面を整形します。

 この船体には外板モールドが付いていましたが、実船と異なる部分が多いので一旦全て削り落としました。しかしながら、イマイのこのキットは今の主流の横隔壁を補強材とする構造ではなく、肉厚を多く取って船体そのものに強度を持たせる前世紀の設計なので、猛烈に硬いプラスチックが使用されています。ハセガワの艦船に使われているものよりも更に硬く、180番のペーパーを用いてもほとんど削れません。そのため、4cmほどに切ったL版の大型カッターの刃を立てて風呂場で削り倒す事になりました。船体後半部にも深い傷が幾つも付いているのはそのためです。

 これで左舷側の船体の基本形ができたので、一旦ここで一区切りとします。次回からは右舷側を同じ要領で修正します。

 なお、事情により本製作の次週の更新はありません。続きは5月30日以降の予定です。

« 1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その10)  | HOME |  東京に行ってきました(その1) »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://momo120.blog69.fc2.com/tb.php/780-36c5bd05

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場