雑感:ハセガワ1/350日本海軍航空母艦「赤城」(延長戦-2)

2012–01–14 (Sat)
(注:この記事には大幅に修正が加えられています。修正前原文は下に記載しています)

 前回の記事のりゅうさんのコメントに関してですが、私も図面を最初に見た時はサポートらしきものが見える部分は全て空間だと考えました。赤城の昭和16年9月末現在の公式図に於いて、船体から舷外への張り出しで裏側のサポートらしきものが描かれている部分はこの左舷後部機銃座しかありません。図面に於いて隠れているものが描かれていないのであれば、該当する部分は見えている-すなわち空間であったと見るのが妥当ですし、少なくとも大改装直後の昭和13年当時はそのような形状だったと考えます。その根拠に関しては次回に述べます。

 図面の床面がクローズドである可能性ですが、前回示した図面では壁面に沿って開口部記号「(X)」が示されています。もし人が通過できるものならばフジミ1/700のように床面はクローズであり、窓と解釈するならばハセガワ1/350の通り空間と考えられます。ただ、左舷後部機銃座は構造を示す鮮明な写真が手元になく、実際どちらの解釈が正しいのかは全くわかりません。

 機銃座の位置に関しては次回以降で述べますが、結論はキールとほぼ平行、すなわちハセガワの解釈を否定できる根拠はありませんでした。ただし、設置位置がキットより若干低いようです。

 以下次回。


(訂正前原文)

 前回の記事のりゅうさんのコメントに関してですが、私も図面を最初に見た時はサポートらしきものが見える部分は全て空間だと考えました。赤城の昭和16年9月末現在の公式図に於いて、船体から舷外への張り出しで裏側のサポートらしきものが描かれている部分はこの左舷後部機銃座しかありません。図面の書式で隠れているものが描かれていないのであれば、該当する部分は見えている-すなわち空間であったと見るのが妥当ですし、少なくとも大改装直後の昭和13年当時はそのような形状だったと考えます。その根拠に関しては次回に述べます。

 図面の床面がクローズドと考える根拠は前回も書きましたが、壁面の開口部記号「(X)」の記述です。開口部記号は一般に艦橋などの角窓にも使われますが、この赤城の図面には人が通過できる通路と通過できない窓を区別していると思われる部分があります。

KKベストセラーズ「海軍艦艇史3」p46、及び
軍艦赤城 上甲板平面図 昭和16年9月末現在
横須賀海軍工廠造船部[製図日未記入/昭和16年12月2日出図]より
(原書房「日本海軍艦艇図面集」p30と同じもの)
<この図はクリックすると拡大表示します>

 右舷煙突下の舷側通路が一部覆われていて、その入り口に沿って開口部があるのが写真で判ると思います。図面上ではその奥の壁にも開口部があり、その開口部は「(X)」ではなく窓を示す長方形の記号が描かれています。三段甲板時代の写真を見る限りではどちらも同程度の開口部に見えますが、図面上では違う種類のものであると示されています。

 そして、前回示した図面では壁面に沿って開口部記号「(X)」が示されています。ハセガワ1/350は窓と解釈していますが、上記の理由からここは人が通過できる開口部と考えられ、ゆえに人を通す以上は床面が空間であることはあり得ないというのが私の解釈です。サポートを描き加えていないのは上から見えない部分は描かないという図面の書式に合致します。ただ、左舷後部機銃座は構造を示す鮮明な写真が手元になく、実際この解釈が正しいのかどうかは全くわかりません。

 機銃座の位置に関しては次回以降で述べますが、結論はキールとほぼ平行、すなわちハセガワの解釈を否定できる根拠はありませんでした。ただし、設置位置がキットより若干低いようです。

 以下次回。

« 雑感:ハセガワ1/350日本海軍航空母艦「赤城」(延長戦-1) | HOME |  短信 »

コメント

りゅう

壁面開口部について論理の飛躍があるようですね。煙突下の壁面開口部が内側と外側では形態が異なっている事は同意です。内側壁面の内側には第一缶室吸気路があるようですので鎧戸等の閉鎖出来る扉があるのではないでしょうか。鎧戸といえば、格納庫後部の飛行機取り入れ口の鎧では普通のX型表示になっていますが。いずれにしてもx 型開口部表示が必ずしも人が通過できる開口部だけではないと思います。また上から見えない部分は描かないという図面の書式などあるのですか。描き忘れる事はあるでしょうが。いずれにしても今後のお話を楽しみにしています。

御指摘ありがとうございます。

 確かに御指摘の通り、煙突下部の記述を以て(×)が全て人員通過可能な開口部と見るには無理があります。私自身は別にクローズの有無そのものは断定するつもりは無かったのですが、クローズである事の根拠を強調する余り断定するかのような表現になっていました。

 また、書式は「サポートの裏側を描いている部分は他にない」という意味で使いましたが、これも誤解を与えかねない表現なので書き換えました。

 記事は前の原文を残した上で書き換えました。わざわざの御指摘に深く感謝致します。

いやいや、人が通れるアーチが開いていて

しかし、床は無いのかもしれない(笑)

それは、構造欠陥という理由で。






図面の解釈

 人が通れるアーチが有るのが事実ならば、床が無くてはならないとおかしい事になりますが、逆の見方をすれば床が無いのに人が通れるアーチがあるのはおかしいという解釈もできます。

 旧海軍艦艇に限らず作図上の記入ミスや実態に即した改訂が成されていない事例は決して少なくないそうで、作図上に矛盾がある場合は構造や写真や証言などからより有り得る解釈を探る必要があるということです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://momo120.blog69.fc2.com/tb.php/655-11f2df75

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場