船の科学館に行って来ました。(その3)

2011–09–15 (Thu)
 前回の続き。船の科学館の写真から幾つか。


本日の画像はクリックすると拡大表示します。

 1F船をうごかすコーナーにある三菱UEディーゼル実験機関。戦後の船舶用国産ディーゼル機関の開発の礎になったものです。あまりにも巨大な構造物のため、船の科学館を建設する際にまず予定地にこの機関を運び込み、それを覆う形で本館が建てられたという逸話があります。


 同じく1F船をつくるコーナーより。ここは船の一生と題して、1971年に建造された当時世界最大のオイルタンカー日石丸の生涯や備品、模型などが展示されています。恐らく将来本館が再公開された暁には、このあたりの展示は「2010年代現在の状況に合わせて」変わる可能性があるかもしれません。


 2F海をまもるコーナーの1/50戦艦大和と艦艇模型群。前回に触れた1/700連合艦隊の展示ケースはこの画像左手前側の壁面、また武藤忠春氏の1/100空母瑞鶴は画像右手奥側の潜水艦体験コーナーの脇にあります。


 3Fのマリタイムサルーンでは船の科学館の歴史を回顧する特別展が開かれています。また、タイタニック展も開催中ですが、この催し「のみ」撮影禁止となっています。


 3F和船コーナーの奥にある読書ルーム。元々は船の科学館の蔵書庫で、その一部を開放してイベントや一般からの相談などに応じる場所になったものです。右手奥にプールに浮かべたラジコン船を操作できるコーナー、向かい側に海上保安庁の東京港管制室があります。




 船の科学館へは、時間的な余裕があるなら浜松町駅から東京ビックサイト行の都営バスが経済的です。新橋からゆりかもめに乗るより170円安く、道路が込み合っていなければ所用時間もさほど違いはありません。画像は駅に隣接する世界貿易センタービル地下のバスターミナルで、ここが始発になります。

 休館まであと半月ほどになりました。本館の建て替えになるのか別の方策を取るのかわかりませんが、展示自体は時間はかかるかもしれませんがいずれは再開されるだろうとは思います。ただ、展示内容には時代的なギャップを感じる部分もあるため、再開の暁にはそういった部分は2010年代の現在に合わせてリニューアルされる可能性が高いのではないかと個人的には見ています。船と海運に興味のある方であれば、休館までに足を運ばれる事をお勧めします。

« 船の科学館に行って来ました。(その2) | HOME |  1/350で何か作ってみる(その73) »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://momo120.blog69.fc2.com/tb.php/617-9e9cf725

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場