続々大和ミュージアムに行ってきました。

2010–05–02 (Sun)
 他に興味深かったのは、幾つかの艦について船体の諸孔の位置を示した入渠用図が有ることでした。

 一般的に船の模型や創作図などでは船底がフラットになっているものがほとんどですが、実際の船では主機の冷却用やボイラーの排水用などの穴が開いています。更に軍艦であれば各部への注排水口があるはずですが、それらを明確に示した模型や写真はあまり見掛けません。入渠用図の具体的な使い方はよくわかりませんが、船がドックに入った際に盤木(船を支える木)が船底の穴をふさいでしまうとメンテナンスができなくなりますから、それらの位置を正確に示す必要は充分に考えられます。

 幾つか目にした入渠用図の中で最も目を引いたのが軽巡矢矧のもので、左右両舷合わせて100ヶ所ほどの船底の穴の位置が、用途・穴のサイズ・使用される保護亜鉛のタイプも付けて詳細に記載されています。軽巡クラスの艦でこれほど多種多様な穴が水線下にあるとは思いもしませんでした。

 保護亜鉛とは水中部の腐食を防ぐための一種の防護板で、複数の金属材質がまたがる船底の穴の周辺または内側の管に付けられますが、スクリューの影響に対するものもあり、これらはブレードの先端付近の外板や舵の表面に付けられます。学研最上型重巡p26上の熊野の艦尾の写真で、スクリュー先端の上の外板や舵の艦首側の端に長方形の板が並べて付けられているのが写っていますが、これが保護亜鉛と呼ばれるもので、詳しい理論は省略しますが、ここが率先して溶けることで他の部分の腐食を防ぐ役割があります(一定の期間毎に交換します)。水線下に複数の金属材質から成る船には必ずあるものですが、模型で再現しているものはほとんどありません。矢矧の入渠用図にはこのスクリュー付近の保護亜鉛の装着位置も示されています。



 今回は興味がある艦を中心に図面をざっと見ただけで時間切れになりましたが、予想以上に種類があり、また最初にも書きましたが、デジタル化によって描かれている文字や線が紙の印刷よりも容易に判読できるようです。

 ただ、鈴谷が「スズタニ」になっていたりと、検索に必要な用語の登録に幾つか不備が見受けられたこと、戦艦全体、航空母艦全体といった大分類での検索ができず、個艦名別に当たりを探らなければならないこと、仕様上やむを得ないのかもしれませんが、端末上での図面の拡大移動といった操作がやや重いといった難点も見受けられますが、それでも模型愛好者にとっては画期的なシステムだと感じました。これだけのものがあるのなら、もっと早くに足を運ぶべきだったと思った程です。

« 続大和ミュージアムに行ってきました。 | HOME |  大和ミュージアムに行ってきました。(補足) »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://momo120.blog69.fc2.com/tb.php/517-9302cbdf

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場