雑感:ハセガワ1/350空母「赤城」(その7)

2008–12–22 (Mon)
 最初に評価表を書きましたが、今回は内容がグタグダになったので、もう一度キットの特徴や現時点でわかっている注意点などをまとめておきます。(この内容は後日追加訂正の可能性があります)

・部品総数と表現は前作長門並、部品数は多いが艦船キットの中では比較的組みやすい
 (大型キットなので組立にはそれなりに模型のスキルは要ります)
・前作長門で問題になった水線下の強い凹モールドは極細で浅いモールドに変更
・考証は従来資料とやや異なる部分あり
 ただし艦橋前の滑走制止装置のモールドが明らかに一組足りないので追加の必要あり
 また実艦には飛行甲板の煙突付近に木甲板の色と違う何かがある、詳細不明
・艦載機は透明パーツだが風防の処理は1/700と同じレベル、考慮の余地あり
・別売エッチングはラッタルと艦橋ハンモックを除けばおおむね良好
 エッチングの大半のパーツには予備部品がないので紛失や破損には特に注意すること
・別売木製甲板セットは表現及び経年変化に難あり
 他社から同種の製品が出るようであればそれと比較した上での選択を勧める

この雑感には補足記事があります
その1その2その3その4その5その6



 最後は資料などの話を。

 赤城は公式図の一部や写真が比較的多く残されていると最初に書きましたが、それらをまとめた資料は意外にありません。


 赤城単体をテーマにした本としてはこれが挙げられます。既存の資料を基に三段甲板時代から全通甲板の最終時までの変遷と、装備品や艦載機、戦歴に至るまで多くのCG画像で再現した判りやすい内容です。双葉社の3D CGムックは本によって内容的に玉石混淆な面がありますが、その中では比較的内容がしっかりしたものではないかと考えます。ただし、考証の根拠は発刊当時(2004年)迄に一般的に出回っていた資料等が中心で、今回発売されたハセガワの赤城とは細部に多少の相違があります。


20081222_1
モデルアート別冊「真珠湾攻撃隊」

 これは真珠湾攻撃に参加した艦載機に関して、マーキングと編成、キットの作例、当時の作戦文書による戦法、搭乗員名簿などによって構成された本ですが、赤城を始めとする空母艦上の写真も収められています。通刊No.378と、改訂版のNo.573(写真)の二種類がありますが、後者には映画パールハーバーのロケ風景と、若干の訂正が追加されています。ただし、双方共に攻撃に参加した全ての機の機番までは網羅されていません。


 写真集は次の2冊が挙げられます。
 
 左の空母赤城~(以下、ハンディ版と表記)は実艦の計画建造から改装、戦時中の変遷を写真や記事・艦型図と各艦の行動記録で示した本で、つまり全般的な基礎知識がこれでわかります。ただ、21×15cmと小さい本なので、写真が少しわかりにくい難点があります。右は価格が高く、ハセガワの赤城だけのために買うのはお勧めし辛いのですが、1頁1隻収録の大判の写真集で鮮明なものが多く、細部のディテールや日本の航空母艦の魅力が十分に感じ取れます。



 大戦序盤の海軍機動部隊をテーマにした本は過去より多数が出版されています。その中から、報道班員、直接戦闘に係わった方、戦後の作家の著書をそれぞれ1種類ずつ紹介します。いずれも模型製作には直接に役に立つものではありませんが、当時の状況を知る上で最良のものです。

 
 著者の牧島貞一氏は海軍報道班員として空母赤城に乗艦され、インド洋作戦、ミッドウェー海戦を経て翔鶴に乗り組み南太平洋海戦を取材された方で、日本海軍の空母機動部隊の絶頂期からやがて戦局が傾き始める当時の空気が肌で伝わってきます。「炎の海」は著者の報道班員としての体験を、「続炎の海」はその中からミッドウェー海戦に絞って著者の見聞きした以外の記録も追加してまとめた内容です。赤城を中心とする空母の日常描写と苛烈な戦闘描写、そして炎の海の最後に記された同僚の報道班員たちの運命には胸が詰まる思いがします。日本海軍の航空母艦に興味のある方であればぜひ一読おすすめします。


 著者の森拾三氏は艦攻操縦員として蒼龍に乗り組み、ミッドウェー海戦後は隼鷹に配属され、ガダルカナル攻防戦に於いて右手首を失う重傷を負い、義手を装着して戦争末期に再び戦線に復帰され終戦を迎えた方です。記述は初飛行からハワイ空襲、ミッドウェー海戦を経てガダルカナルでの負傷まで、空母と共に戦った自らの体験と心境が非常にわかりやすく綴られています。


  
 ミッドウェー海戦の全戦死者にテーマを当て、海戦という歴史上のマクロな出来事を日米双方の戦死者個人それぞれの生きざまと死によって浮かび上がらせるという、他に類を見ない構成の本です。現在はいずれも入手が困難である事に加え、読むのも大変につらい内容で、人によっては模型が作れなくなるほどの衝撃を受けるかもしれません。それでも、本編+外伝と資料編である記録ミッドウェー海戦は、およそ太平洋戦争の艦艇に興味のある方であればいつかどこかで読むべきものではないかと考えています(注:本編はリンクの都合で単行本の1巻しか示していませんが、単行本全5巻と文春文庫全3巻が発行されていました)。



 最後に、キットと関連パーツ等の情報も貼っておきます。
ハセガワ1/350空母赤城

ハセガワ1/350 空母赤城エッチングパーツベーシックA

ハセガワ1/350 空母赤城エッチングパーツベーシックB

ハセガワ1/350 空母赤城エッチングパーツベーシックC

ハセガワ1/350 空母赤城ディテールアップパーツスーパー

ハセガワ1/350汎用ジャッキステー

ハセガワ1/350空母赤城用木製甲板

« 雑感:ハセガワ1/350空母「赤城」(その6) | HOME |  短信 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://momo120.blog69.fc2.com/tb.php/417-6b00e543

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場