再度、保存船の行方

2006–12–26 (Tue)
 横浜の氷川丸が昨日営業公開を終了しました。それに先立って日本郵船はプレスリリースを発表しましたが、結論を先送りにしただけで方針はまだ明確になっていません。

 保存船にお金が掛かるという話は以前から書いてきましたが、具体例を一つ挙げてみます。富山の海王丸財団がpdfファイルで財務状況を公開していますが、その収支決算書によれば昨年度の保存船初代海王丸の保存活用事業に費やした費用が約2億6百万円、それに対して乗船料収入は約1,285万円で1割にも足りません。周辺の港湾整備と合わせてですが、毎年2億~2億5千万前後の補助金を投入して事業が成り立っているのが現実です。それは富山県が外郭団体に投入する額としては決して低いものではありません。横浜の日本丸財団も公式サイトで財務資料を公開していますが、状況は似たようなものです。横浜市の財政規模は富山県の倍以上ですが、財政悪化はより深刻で、外郭団体に指定管理者制度を導入して自治体の負担を少しでも軽くしようと躍起になっている状態です。

20061226_1
氷川丸 全長163.30m 船幅20.12m 総屯数12,000トン
初代海王丸 全長97.05m 船幅12.95m 総屯数2,250トン
(図はクリックすると拡大表示します)

 もちろん氷川丸は動くことができない海上施設であり、初代海王丸は定期検査を必要とする船舶である(動くことができる-ただし現在はほとんど形式的なものと聞きますが)という種別の違いはあり、客船と帆船という船種の違いもありますが、上に挙げた比較図が示すように容積で5倍の差があるのですから、今後海王丸/日本丸並みに整備し維持してゆくためには多額の-恐らくは億単位の-費用が毎年かかるであろう事は容易に推察できます。だからといってメンテの費用を削るとどういうことになるかは、4日前のブログに書いた通りです。

 過去に有名だった船が引退し解体が決まると、「どうして保存しないんだ」「日本は海洋遺産に対する意識がない」という批判が上がりますが、少なくとも海に携わった者であれば自らが共にした船を解体場に送り出すような事を是とはしません。保存に至らない背景には、こういった個人や一団体だけではどうにもならない経費的な問題があるのです。

 日本郵船が一旦決めた方針を撤回した、または3月末まで具体案が固まりそうもないのは、こういった少なくない経費をどう負担してゆくのか社内で意思統一が図られていないからではないかと考えます。「氷川丸は横浜市の指定有形文化財に指定されているから自治体が助けてくれるはずだ(助けなければおかしい)」という声があるかもしれませんが、上にも書いたように財政状況が悪化し日本丸の維持管理で精一杯の市に、補助は考えにくいものがあります。国の重要文化財に指定され、東京海洋大学の構内に保存されている明治丸でさえ、保存状態が芳しくなく修復作業に多くのボランティアが参加しています(明治丸の話はいずれまた書くことにします)。

 こういったことがらから、私自身は氷川丸の前途は楽観していません。仮に修復し再公開されたとしても、それは日本郵船が多額の費用を負担した結果であり、将来的な負担にも耐える覚悟を示したということになります。そして、一過性でない地域住民の理解と関心を抜きにして、それを続けてゆくことはできません。


 もしこのブログを読まれる方の近くに保存船があれば、それはこういった事情を乗り越えてそこにあるのですから、日頃から関心を持ってほしいと願います。仮に保存状況が良くなく船内が錆だらけだったとしても、地域住民の関心がある限り姿をとどめておくことができるはずですから。

« サイト移転のお知らせ | HOME |  ウェルデッキの製作・前編(その23) »

コメント

心配です

こんばんは。たぬきです。
ブログの(その3)を見て、数年前の良かった状態にちょっとショックを受けました。船のメンテが大変なのは、一応知っていたつもりですが、ほんの少し気を抜くだけでああなってしまうのですね・・・。
日本郵船は今業績がいいので、保存の方向を打ち出したのでしょうが、私は来年以降世の中の景気が悪くなると見ているので、楽観できないという意見に同意します。
経済的な支援はないに等しいにせよ、重要文化財の指定も一助になるかもしれません。「重文」というだけで、観光資源としての格が上がりますし、一般の目からは有難く見えるものです。地域の協力はもちろんのことですが、国として後世に残すべき文化遺産ですから、一つレイヤーを上げることも考え方としてあるように思います。

そうですね

 日本郵船が手を挙げなかったら恐らくスカンジナビア号や、所有者が転々としたあげく身動きが取れなくなってしまった長崎の大雪丸(元青函連絡船)の二の舞だったでしょう。多額の負担は判っていても、郵船としてはとりあえず手を挙げざるを得なかったのが実情ではないかと思います。

 問題は仮に数十億円を投じてドックに引き入れて修繕したとして、その完了はゴールではなくスタートラインに立ったに過ぎない事で、その後公開しようとしまいと、毎年毎年多額の維持費を強いられます。仮に自治体や支援団体が現れるとしても、ネックになるのはブログにも書いたように「船の大きさ」ではないかと思いますね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://momo120.blog69.fc2.com/tb.php/106-9dd698bb

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場