1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その37)

2016–02–27 (Sat)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 右舷中甲板から舷窓の製作に入っています。舷窓の外枠は本来はプラで作りたかったのですが、どう練習しても5割程度しかきちんと作れず、後から作り直しも利かない部分なので諦めて最もオーソドックスな金属埋め込み加工としました。


 中甲板の場合、まず最初に真鍮パイプ外径3.0×内径2.55mmを長さ3~5mm程度に切り揃えます。


次に船体にガラス面の幅2.5mmの穴を貫通させ、外枠の幅3mmの穴を深さ6mmまで開けます(肉厚が満たない部分は貫通)。


 そこに真鍮パイプを頭が0.3mm程度出るように埋め込みます。


 瞬間接着剤で固定し、ヤスリで上半分を0.2mm、下半分を0.1mm程度に削って段付けします。

 上甲板分は使用する真鍮パイプが内径3.0×外径3.6mm、船体に開ける穴も同径となります。中に切断面を磨いた透明丸棒を入れて接着すれば完了ですが、その作業は船体にサフを吹いて表面調整を完全に終わらせた後に行います。

 手順そのものはそれほど面倒ではありませんが、数が多いので時間が掛かります。

 以下次回。

1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その36)

2016–02–20 (Sat)
 前回の続き。

(この画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 舷窓の位置決めを行っています。キットの元々のモールドは左右両舷同じパターンで、本来左舷側にしかない厨房の塵捨筒まで右舷に付いてきますが、船の舷窓の並びが左右全く同じ配列という事はまず有り得ません。一般的に窓の数と位置は船内の区画配置によって規定され、居住区が細かく分けられている部分ほど密集し、逆に船倉や機関室に接する部分にはありません。

 舷窓は1/700程度であれば左右同パターンでも目立つ事はほとんどありませんし、1/350でも空母のような舷側の左右が非対称な艦でもなければ同様に処理できます。実際のところ船の模型に於いて舷窓の並びや位置関係は、作り手が拘ったところで見る側にとっては何がより良くなったのかほとんどわからない部分と言えます。

 しかしながら1/100クラスでかつ実物が残っている船となると、比較対象が身近に存在するためそういう訳にもゆきません。基本は公式図と実船写真に従って決めてゆきますが、ウェルデッキのブルワークの付近は他にも幾つか装備品があるためそれらも一緒に位置を決めておきます。



 それと、今年の頭にそう遠くない時期に東京に行くと書きましたが、家庭の事情で家を空けられなくなったので、早くても4月以降になりそうです。レスが滞ったままの推進軸の塗装に関してももう少し確かめたい事があるのですが、それまで持ち越しになります。

 以下次回。

1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その35)

2016–02–13 (Sat)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 船体の形がやっとできたので、モールドを加えてゆきます。これからは甲板に公式図のコピーを貼って位置関係を確認しながら作ります。キットの長船尾楼甲板の形状は船尾のRがわずかに狭い以外はほぼ図面通りですが、上部構造物の配置には少し異なる部分があります。詳しくはそこまで製作が進んだ時に書くことにします。


 まず舷窓から製作に掛かります。大きさはガラス面で上甲板用が3mm、中甲板が2mmで、上側にひさしが付きます。ガラスはドリルで開けた穴に切断面を磨いた透明丸材を差し込む形で表現します。


 中甲板の舷窓を作るに当たって、外板として船体に貼った0.13mmプラ板の上から開孔しますが、このような二重張り構造の部分に大きな穴を開けると、いくらしっかり接着していてもドリルの圧力で上に貼ったプラ板が剥がれたり割れたりする事があります。それを避けるには最初は小さな穴を開け、リーマーで側面を削る形で穴を広げ、最後に規定のドリルで寸法を揃えるという方法を取ります。リーマーは小さいものは持っていましたが、数を多く作ることもあり、この機会にラジコン用の大きな穴まで開けられるものを取り寄せることにしました。


 製品は京商のナイフエッジリーマーで、目盛りのないタイプとあるタイプ(プラス)の2種類あり、これは後者になります。角の4ヶ所に刃が付いていてナイフと同じ要領で容易に削り広げることができます。製品説明には用途3mm~15mmとありますが、3mm以下でも整形できるようです。

 以下次回。

1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その34)

2016–02–06 (Sat)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 船首楼の舷側の整形が終わりました。中央に丸く開いている穴はバウスプリット(船首から斜めに突き出すマストの一種)の貫通孔、三角形の船首材の先端にある長四角形のモールドはその架台になります。


 画像では少し判りづらいのですが、船首楼の外板は後方上端にナックルが付き、前方に向かって無くなってゆく少し複雑な形状です。ここはサフを吹いた後で再度調整します。また船首近辺はほぼスクラッチに近い状態で、1/100クラスになると舷側の上端や甲板の外縁のラインがよれると写真に撮った際に目立つので、ここは神経質に整形します。


 上の画像も甲板が浮いている関係でわかりにくいのですが、船首楼の舷側外板の上縁は甲板から1~1.5mm程度出る形になります。これは実船と同じ構造です。


 バウスプリット自体は船体が出来てから取り付ける予定ですが、正確な角度で付けられるよう調整します。公式図からダンボールで型を作り、それをガイドとして作業を行います。


 一応これで船首と船首楼回りの形がやっとできました。キットの基本形そのものをいじったため、プラ材とエポパテでツギハギの上に内側に幅出しの木材が三本も入る、スマートとはほど遠いしんどい工程でした。ここには他にバウスプリットの索具などが付きますが、それらは随時取り付けることにします。

 以下次回。

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

01 ≪│2016/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

月別アーカイブ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場