1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その21)

2015–08–29 (Sat)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 左舷側の外板を貼り、目に付いた表面の荒れを整形して両舷共に外形修正と外板貼りまで終わったので、分割していた船体を貼り合わせて元に戻しました。


 船体の大きさは90cm近くあり振り回すのは容易ではありませんが、工作台に固定できれば少し楽になります。結合方法は他の左右分割の船体と同じで、エポキシ系接着剤で接着後に船体の裏から結合部にエポパテを盛って補強としています。


 左右の切り開きが困難な船尾はブロックで切り離していました。ここも接着後に裏にエポパテを盛っています。


 これで船体の基本形まで復旧しました。次は船体内部に固定用のナット等を取り付け、船尾の残った部分の外板を貼ります。

 以下次回。

1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その20)

2015–08–22 (Sat)
 前回の続き。

(この画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 前回の記事で舷窓の位置決めと穴開けを行うと書きましたが、これは船体を貼り合わせた後に甲板上の位置関係と合わせて作業する事にして、とりあえず左舷側の外板を右舷と同じように貼っています。全て貼って目に見える表面の荒れを整形した後に左右を貼り合わせて船体の形に戻します。

 以下次回。


1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その19)

2015–08–15 (Sat)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 右舷側船体外板を船首まで貼って整形しました。


 船首はこのような感じです。この後は舷窓の位置決めと穴開けまで行って、同じ作業を左舷側にも繰り返します。錨鎖孔やフィギュアヘッドの製作は船体左右を貼り合わせた後に行う予定です。

 以下次回。

ALPS MD-5500を Windows7 64bit版で動かしてみる

2015–08–11 (Tue)
 アルプスのマイクロドライプリンタMD-5500は白や金銀の箔押しといった特殊な色が印刷でき、また印刷面も水に影響されないため、発売当時は模型屋にとってオリジナルデカールを作成する上で重要な道具の一つでした。しかし発売から既に16年が経過しとっくの昔に販売終了、メーカーの修理メンテナンスのサポートもこの5月を以て終了しました。

 インク(リボン)等の消耗品の多くは現在も通販で購入できますが、運用上の最大の問題はドライバがWindows7の32bit版までしか対応しなかった事で、vista以降の64bit版OS上ではそのままでは動作しません。私もOSを替えたときに動かないかやってみましたが上手くできなかったため、専用のXPマシンを一つ残す事にしました。そして先日twitterでこの話が出たため再度やってみたところ、単純な印刷までなら可能になりました。



 周辺機器にOSの対応ドライバが存在しない場合、ハードウエア的に互換性のある別の機種のドライバを当てる事で動作することがあります。例えば私が使っているエプソンのスキャナGT-9700FにはWindows7用のドライバはありませんが、GT-X970の対応ドライバを当てる事で問題なく動作しています。

 アルプスのプリンタはかつて幾つかのメーカーでもOEM生産されていて、シチズンシステムズの Printiva 600Cがマイクロドライプリンタのそれらしく、Windows Updateで入手できるMS製64bit用ドライバを割り当てればその機種として認識はします。ところが、テスト印刷しようとしても全く動きません。

 MD-5500のインターフェースはパラレルとUSB1.0の二種類が標準装備されています。まずUSB接続で試したところ、テスト印刷のデータは送られるものの動作しません。次にUSB→パラレルの変換ケーブルを使ったところデータ自体が送られません。しかしながら、ハードウェア的に適合性が取れているのであれば、データや制御信号の受け取りの過程に問題があるのではないか、そう考えたときに一つ思い至る事がありました。そのPrintiva 600CにUSBが付いていたのだろうかと。

 いろいろ調べてみましたが、あまりにも古い機種なのか仕様は判りませんでした。そもそもMD-5500自体、アルプスのマイクロドライプリンタで唯一USBが装備された機種です。今の感覚では奇異に思われるかもしれませんが、発売された16年前はまだUSB規格が普及し始めた頃でした。


 そこで、私のPCのマザーボードではバラレルポートはオプションだったため、PC屋に行って外部接続コネクタを買って取り付け、パラレル接続で試したところ、テストページが印刷できました。やはりUSBが障害になっていたようです。



 まとめると、

・Windows7 64bit版に於いて
 ドライバは Citizenの Citizen Printiva 600C用を当てる
 (コントロールパネル→デバイスとプリンター→プリンターの追加の際に
 Windows Updateボタン押下でMS製64bit対応ドライバが指定可能になる)
・PCとプリンタはパラレルインターフェース同士で接続する、USB経由は不可

 これで一応印刷ができるようにはなりました。しかしながら制約も多々あります。

・印刷は紙用インク4色のみ、特色は指定できない
・ページ合成も指定不可
・カラーの場合、黒がインク4色の合成で印刷される
・通信は片方向のみ、インク切れはカートリッジ直接確認

 このため満足な運用とは言い難く、専用のマシンも依然残る事になりますが、艦船用のデカールを作成する場合は単色白と黒が印字できれば多くの部分はカバーできますし、ページ合成の場合も前段階の原稿の作成と確認までここでできるので、私にとってはかなり楽になりました。白はそのままでは使えませんが、使用済みの黒のカートリッジの中身を入れ替えてモノクロ指定する事で印刷できるようになります。


 左が未使用の白(ベースホワイト)のインクリボンカートリッジ、左が使用済みの黒カートリッジ。仕様は全く同一で、識別は画像左下側面のラベルで行います。この識別ラベルを貼り替える方法もありますが、粘着力が弱くなってずれたりして識別できなくなる事もあるため、中身を入れ替えるのが確実です。このように消耗品のカートリッジは分解や中身の入れ替え、切れたリボンの補修が容易で、この「ユルさ」がマイクロドライプリンタの特徴でもありました。また物理的にインク詰まりが起きないため、仮に数年間放置してもノーメンテナンスで以前と同じく印刷できるというメリットもありました。




 これはかつて海王丸の救命ボートの際に作成したデカールの原稿で、最小文字は0.3x0.3mm、1200x600dot指定の印字です。さすがにこのサイズでデカールに印刷すると印字が欠ける場合もあるので、必要をはるかに超える数をプリントして上手く印字できた部分を使います。ただし、白印字はKAIWO MARUの細さが限界で、それ以下の文字は綺麗に出ません。


 同じく着座指定位置と思われるマーキングですが、線の太さは0.3mm程度、所々印字が切れているように白は他の色に比べて0.3mm以下の極細線の印字に若干の難があります。他ジャンルではここまでの精度を求められる局面は少ないようですが、艦船では1/700を中心に充分有り得るサイズです。

この項は以上です。

1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その18)

2015–08–08 (Sat)
 前回の続き。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 前後方向の外板は一部を除いて船尾側の板に船首側が重なります。そのため、断面の上側に来る板を船尾から船首方向に貼ってゆきます。この製作ではエバーグリーンの0.13mmプラ板を用いています。製作の都合で船尾の端とキールに接する船底一列の外板は船体左右を貼り合わせて整形した後に取り付けます。


 断面方向は基本互い違いですが、船の船体は中央部が最も太く船首尾に向かって細くなってゆく形状なので、外側を覆う面積も中央部がより大きくなります。そのためこの船の場合は最大幅付近で外板が一列多くなり、ここのみ下片側の重ね合わせになります。


 外板には所々に切り込みが入った場所があります。外板の縁をリベットで止めてゆく際に、甲板または縦通材と外板が浅い角度で交差する場所は広い範囲でリベットが打ちにくくなります。これを回避するために外板に切り込みを入れて垂直に交差するように処理されたもので、リベット打ちの船特有の仕様です。これは横転着底した空母天城の艦底などでも見ることができます。

実船右舷後方10-28番フレーム付近(2012年12月16日撮影)
赤矢印2ヶ所が下甲板と外板外縁の交差位置
緑矢印は外板が一列増える部分
青で囲った部分は中甲板の物資搬入ハッチの閉鎖跡


以下次回。

1/100初代海王丸を作る:船体の再製作(その17)

2015–08–01 (Sat)
 前回の続き。

(この画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 実船の外板展開図を元に船体に外板の位置をマーキングし、水平面の上に来る板をエバーグリーンの0.13mm厚プラ板を貼って処理し、下の垂直の接合部は船体表面を削り込みます。今回は右舷側の船尾方向から順に処理します。詳細はまた後日。

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2015/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場