夢の終わり、夢の続き。

2013–10–22 (Tue)
 既に御存知の方も多いと思いますが、日本模型(ニチモ)が9月末日を以て組立模型の生産を休止したという話が複数の問屋模型店筋から流れています。メーカーからの正式なアナウンスはまだありませんが、昨年まであった日本プラモデル工業協同組合の企業一覧から名前が消えていますし、第一回から綿々と参加し続けてきた全日本模型ホビーショーにも今年はその姿がありませんでした。これらのことから生産休止はほぼ事実ではないかと思われます。

 もっとも、最近では生産の主力は模型ではなくプラスチック製の日用雑貨品という話なので、模型の生産休止が即会社全体の破綻を意味することではないようです。しかしながら、最近模型店に出回っていたキットは金型の疲弊によるバリや部品表面の荒れがかなり目立っており、生産の見通しが立たない金型を補修維持管理する選択は考えにくいものがあります。あくまでも個人的な見方ですが、日本模型がプラの組立キットの生産を再開する可能性は極めて低いのではないかと考えています。

 思えば日模はプラの組立模型の黎明期から名乗りを上げた最古参の老舗メーカーでした。木製模型メーカーからプラに参入してきた田宮模型に対し、1960年に戦艦大和の競合キットで圧勝、田宮はそれから約2年間深刻な経営危機に直面します。一方、日模には森恒英氏が入社し、1960~70年代に掛けて氏の指揮の元1/200戦艦大和や1/500翔鶴型空母に妙高型重巡といった名キットが次々と世に送り出されました。1970年代の中頃には陸の田宮・空の長谷川と並んで「海の日模」と呼ばれるほど不動の地位を確立したかに見えました。

 しかし、その頃から会社の経営方針と現場の開発意欲との間に溝ができ始めたらしく、70年代の後半から80年代初めに掛けて日模を支えてきた森氏を初めとする開発スタッフが相次いで退社、スケールモデルの開発が全くままならない状態に陥ってしまいました。新製品もここ四半世紀近く出ず、後は60~70年代の財産の再販を繰り返すだけの状態でした。



 私が子供の頃は、どの模型店に行っても店の最も高い位置に1/200戦艦大和の濃紺の長細い箱がこの世の全てを見下ろすように鎮座し、それを首を反り返るようにして眺めていたものです。当時は大スケールフルハルの旧日本海軍艦艇のキットといえば日模の1/200・1/500シリーズの他に選択肢はあまり無く、また当時の雑誌・丸の表紙裏には日模の艦船キットの広告が並び、クイズの一等賞の商品も1/200大和という時代が長く続きました。

 もちろん子供の小遣いではこれらのキットを買えるだけの経済的な余裕などなく、仮に手に入れられたとしても組み上げるスキルは無く、目線から下の棚に並んでいたウォーターラインのキットを買って作るのが精一杯でした。ですから、私にとって日模は間違いなく特別なメーカーの一つでした。あの大和や瑞鶴をいつかは買って作るんだ、それが当時の夢の一つだったように記憶しています。

 歳月は流れ、いつしか反り返らなくても箱を見られるようになり、経済的にも買えない事は無くなりましたが、2000年代に入った頃から旧海軍関係の残存公式資料が整理公開されるようになり、それを受けて他社から多種多様な大型艦船キットが発売され、またたく間に模型店の棚を埋め尽くしてゆきました。現在、日模の主力だった1/200・1/500シリーズで出ていた艦船キットは、やまぐも型・みねぐも型護衛艦とあまつかぜを除き全て1/350でより新しく精密なキットが出ているため、現実的な選択肢として日模の製品を選ぶ必然性は薄れています。その意味では「海の日模」は役割を立派に果たし、そして役目を終えたのかもしれません。



 2013年の秋、日模がいなくなったホビーショーのレポートで印象的だったのは、船を女性キャラクターに見立てた艦隊これくしょんというゲームとウォーターラインの共同企画に多くの人が関心を寄せていた風景でした。

 昔も今も模型の新製品の開発に当たって障害になるのは一般的な知名度の有無で、日模が元気だった頃は子供向けの漫画本や雑誌で戦記特集が盛んに組まれていた記憶があり、加えて初期のウォーターラインの大型艦に同封されていた連合艦隊大集結のパンフレットで艦艇の名前と戦歴を覚えていったものです。教科書には載っていないありし日の艦船への関心が、全く異なる手段で次の若い世代に伝わろうとする動きを見るにつれ、一つの大きな時代の節目が過ぎた、そんな思いを強く持ちます。

 今はただ感謝の気持ちと、ありがとうの言葉を。

短信

2013–10–18 (Fri)
 またしても広告が出るまで放置状態で誠に申し訳ありません。体調はかなり良くなったのですが、赤貧暇無しの生活は待ってはくれません。少なくとも来年年明けまではこのような状態が続く見込みです。しかしながら、今年はあまりにも放置が続いたので年末までに何か考えます。


 前回の記事で書き漏らしたことですが、御存知の方も多いと思いますがJR呉駅の列車の発車メロディは今年から宇宙戦艦ヤマトの主題歌が使われています。商店街の中に松本零士氏のギャラリーを設けるなど、呉は町おこしの手段としてコラボする動きがあり、これもその一環のようです。

 宇宙戦艦ヤマトの最初のTVシリーズが放送されたのは今から40年近く前のことでした。当時は先の大戦の記憶が社会にまだ色濃く残っていた時代で、メディアに於ける戦争の扱いと戦闘描写の是非について真剣に論じられた事もあったと聞きます。この作品に於いても戦艦大和の撃沈を説明するシーンで軍艦マーチを使用したところ、スタッフの中から旧海軍を強く印象付ける表現は娯楽作品の趣旨に誤解を与えかねないという異論が出て、その後の再放送ではBGMが差し替えになったことがあり、町おこしのコラボなどは全く考えられないことでした。今年放送された新作アニメでは純粋な娯楽作品としての捉え方しか見聞きしなかった事と合わせて、歳月の重さを感じます。


 それと、9月末を以て日本模型がプラの組立模型の生産出荷を終了したという話があります。艦船模型にとってはある程度折り込み済みではあるものの、一つの節目を迎えた感があります。このことに関してはまた改めて述べることにします。

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

09 ≪│2013/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場