1/350で何か作ってみる(その61)

2011–06–24 (Fri)
 前回の続き。


 この艦のボートダビッドは甲板上に付くものと、舷側に付くタイプが大小の合わせて3種類が公式図上では示されており、それは写真からも確認できます。キットは甲板上に付く部品は球磨型と同じ細い棒状のダビッドになっていますが、少なくとも大戦中のこの艦に関しては、いずれもやや太い板状のものが搭載されていたのではないかと考えます。本製作ではハセガワの艦船装備セットBのダビッドを2種類と、11m内火艇用の外付け大型ダビッドはライオンロアの汎用ボートダビッドエッチングの高さを延長させた上で、0.75mmプラ板を挟んで作っています(アオシマの元のキットにも一応パーツはあるのですが、高さが低い上にやや貧弱な感じを受けます)。
 なお、左舷艦尾側の一組はシェルター甲板を貼って整形後に調整します。


 船体に関する作業が一通り終わり、サフを吹いたところまで。次は表面の状態を確認して荒れている部分を整形し直したあと、艦底色と艦尾甲板を塗装してシェルター甲板を取り付けます。

 以下次回。

1/350で何か作ってみる(その60)

2011–06–17 (Fri)
 前回の続き。艦尾甲板のまとめ。


 本製作の設定時期では艦尾甲板に陸軍の八八式七糎野戦高射砲が設置されています。設置要項は戦闘詳報に明記されていますが、それによれば輸送船などに搭載されたものとは異なり、陸戦標準仕様の高射砲をそのまま甲板に据え付たもので、脚の部分を丸太と砂嚢で固めると共に、船内からも木材で甲板が補強されていました。1/350の陸軍高射砲はどこにも部品はないので自作することになります。

 真鍮パイプで砲身を作り、他はプラ材やジャンクのエッチングパーツなどを貼り付けてそれらしく作ります。基部の砂嚢は細かく丸めたエポパテを詰めて表現します。

 戦闘詳報の要項図では高射砲の脚の先端と後端が昇降口とキノコ型吸気口にほとんど接する形で描かれていますが、公式図と照合してみると脚のほうがやや短いようです。本製作では前後等間隔に空けて設置しますが、この点には根拠がありません。

 艦尾のクレーンは予備錨やケッジアンカー(画像手前の錨、湾内等での細かい操船制御や波浪に対する安定目的など様々な用途があります)を操作するもので、図面上ではソケットとだけ記載されていて、ブームの長さなどは描かれていません。この周辺は開戦直前に撮影された写真を参考にまとめています。

 爆雷はこの時期には間違いなく装備されていたもので、ハセガワの艦船装備セットBの部品を使用しましたが、数が足りないため4個複製を取っています。なお、爆雷は太平洋戦争の開戦当時には装備されていなかったとする資料が大勢ですが、個人的には装備が成されていた可能性が高いのではないかと考えます。根拠などは完成後にまとめて述べます。



 製作はボートダビッドの調整を行った後に、船体にサフを吹いて塗装に掛かります。
 以下次回。

1/350で何か作ってみる(その59)

2011–06–10 (Fri)
 前回の続き。


 2・3番煙突周辺の主要装備品の位置関係とバランスの確認。この画像は右舷側で右が艦首側になります。煙突の手前に平行して穴が並んでいるのは円材格納所で、甲板塗装後に真鍮線の柱を植えます。

 画像左側の3番煙突の前にある網状のものは特設の野菜庫で、通常の野菜庫の上に乗った形として公式図には描かれています。この周辺の詳細なディテールは全く不明で、通常の野菜庫を百葉箱風の形式、特設分は網状として区別してみたのですが、艦内側面図ではどちらも網状のように描かれているため、全てその形式だった可能性もあります(ちなみに、防空巡洋艦改装後の五十鈴の写真で1番煙突の前に網状の構造物が写っていますが、これも野菜格納箱です)。


 これは左舷側で、艦首が左になります。2番煙突脇の格子状のものは艦載機の予備翼格納所です。本製作の設定時期では艦載機は搭載されていないため、この中は空とします。また3番煙突の脇にあるのは重油蛇管格納所です。



 3番煙突の後部にも通風筒などがありますが、これは船体と艦尾甲板の塗装を済ませてシェルター甲板を貼って整形した後に改めて調整することにします。

 以下次回。

1/350で何か作ってみる(その58)

2011–06–04 (Sat)
 前回の続き。

 甲板の縁取りを行うと共に、製作した部品を甲板上に並べてバランスを確認します。タミヤ1/700とはレイアウトが少し異なりますが、全て公式図の記載に依るものです。詳しくは完成後にまとめて述べます。

 公式図上では前部魚雷発射管を埋めた後の甲板(81番フレーム)を横断する形で線が引かれています。特に説明はありませんが、艦首楼甲板が中央甲板とつながって艦後半部まで伸びていることから、エキスパンション・ジョイントと判断して伸ばしランナーを2本接着しています。上の画像では判りづらいのですが、両舷側のフチにある洗い場の切れた部分がそれに当たります。

 また、設定時期では1番煙突の前に兵員待機所が設けられていたようです。詳しいディテールは不明で、ドアや窓の位置に根拠はありません。

 この艦の25mm連装機銃のブルワークの形状は他艦と若干異なっていたようで、図面上では舷側からはみ出る形で、先端は舷側のラインではなく船体中心線に平行に描かれています(ブルワークのはみ出しは真珠湾攻撃当時の写真から確認できます)。上の画像で機銃の後方にあるのは重油蛇管格納所で、図に外観が記載されていますが、これも他艦とはかなり形状が異なるようです。

 1番煙突後方の大型吸気口の上には、図面上では2mと2.5mの測距儀が描かれています。肯定も否定の根拠もないためそのまま作っています。画像手前側の右舷方向を向いているものは厳密には2.5mですが、ファインモールドの2m測距儀で妥協しています。ここには更に7.7mm機銃が二基付きます。


 この画像で機銃の奥にあるのは、公式図では説明の文字が潰れて読み取れなかったのですが、鬼怒の図と比較して煙突頂部のキャンバスカバー(覆)の格納所が他に見当たらない事から、それと推測しています。またその中間にあるのは14cm主砲の装填演習砲で、これはハセガワの艦船装備セットBの演習砲の部品をそのまま流用しています。

 以下次回。

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場