1/350で何か作ってみる(その27)

2010–10–29 (Fri)
 前回の続き。


 製作は再び甲板上に移ります。後部甲板上の船室はキットと少し形状が異なるために作り替えます。高さはキットの部品に合わせて5mmとしますが、5mm幅ちょうどのプラ材はプラストラクトにもエバーグリーンにも無いため、タミヤの5mmプラ棒を縦に割って厚さ1.5mm前後まで削り倒したものを使います。

 画像で魚雷発射管の開口部後方の隔壁の長さが左右舷で異なっていますが、これは大戦中に25mm三連装機銃を増設した際に後部シェルター甲板の張り出しがない右舷側の中央甲板を若干後方に延長したように公式図から読み取れるためです。これはまた後で詳しく述べます。

 以下次回。

1/350で何か作ってみる(その26)

2010–10–26 (Tue)
  前回の続き。


 軸周りの製作と調整が終わりました。部品はキットのものですが、スクリューシャフトは真鍮線と取り替えてあります。


 説明書にもキットの元々の船底にもエディプレート(シャフトの船体への取り付け口)の位置が指定されていないのですが、平面は中心線に対して平行に、側面はプレートとシャフトとシャフトブラケットの角度が一直線になるように取り付けます。

 模型ではシャフトの入り口までしか考慮しませんが、実際の船ではシャフトの先にはそれを回す主機械がつながっています。どのような船であってもシャフトが内部で曲がることはあり得ませんから、平面は基本的には中心線と平行になるはずです。(必ずしも直線にはなりません)

 しかしながら、古いキットなどではこのあたりの表現がかなりアバウトなものも目にした記憶があります。実際のところ完成後に船底を完全にひっくり返して見る事はまず無いのですが、できればシャフトの先端には機械があるという事も意識したいものです。

1/350で何か作ってみる(その25)

2010–10–23 (Sat)
 今週は多忙で、気が付いたら前回の更新予定をすっかり忘れていました。すみません。


 船底の穴は一通り開けました。上の画像は艦首右舷側の舷側です。下から4列目の外板に並んで7つ開いている小さな穴がスカッパー(生活用水や雨水などの排水口)になります。2列目に2つ開いているやや大きめの穴は前部弾薬庫への注水口で、船内側面図と照らし合わせると主砲や水雷科などの弾薬庫の位置と一致します。


 中央やや後半部の船底。ビルジキールに沿って4つ開いている四角の穴が主海水吸入口、その間に開いているのは各種ポンプの吸入及び吐出口、画像左側の艦尾側に見えているのは油冷却器用の海水吸入口や吐出口、及び主海水の吐出口になります。ビルジキールの外側に開いている大きな穴は主送水ポンプ循環水の吐出口で、これは由良が魚雷攻撃で艦尾を失ってシンガポールで応急修理を行った際の入渠写真(丸スペシャルNo.30 軽巡長良型Ⅰ p68)で確認することができます。なお、マスキングテープでふさいであるのは飾り台用の穴です。

 以下次回。

1/350で何か作ってみる(その24)

2010–10–17 (Sun)
 以前、軽巡矢矧の入渠用図で船底には多種多様の穴が開いているという話をしました。船の水線下は水に隠れているためなかなか認識できない事ですが、ボイラーを焚いて機械を動かすためには多量の冷却水を必要としますし、各種ポンプの注排水用、軍艦であれば弾火薬庫への注水孔、また水線の上にもスカッパーと呼ばれる生活排水や雨水の排水口などが開いています。

 理由はよくわかりませんが、一般的に博物館の展示模型や造船所が船主に献上する大型模型では水線下の開口部は表現されていません。フルハルの組立模型も同様に船底部はスクリューと舵とビルジキール程度しか表現されていないものがほとんどでした。

 船底の諸孔は一般配置図や側面図には記載されていない事が多く、全ての船に対して正確な情報を求めるのは不可能です。しかしながら、あまり見えない部分とはいえ、フルハルの模型であるならば水線の上の表現と同様に水線の下にも注意を払って始めてバランスが取れるものですし、他艦の例からある程度類推もできますから、今後はそういう部分にも意識を払ったものが出てくるのではないかと個人的には考えています。



 この艦の船底諸孔位置が示された入渠用図は、昭和19年3月12日付のものが大和ミュージアムで公開されています。水線上のスカッパーまで記された詳細な図面ですが、あまり綺麗なものではなく複写しただけでは判読が困難なため、私は端末画面の拡大機能を使ってセルフトレースしてきました。


 入渠用図では側面図と断面毎に付近の穴の位置が記されているため、まず工作台に該当する断面フレームの位置を書き込み、そこに船体を置いてマーキングすることにします。

 以下次回。

短信

2010–10–14 (Thu)
 製作は艦底開口部の加工中ですが、画像として見せられるものは特にありません。詳しくは次回に。

1/350で何か作ってみる(その23)

2010–10–11 (Mon)
 前回の続き。


 右舷側の舷外電路の貼り直しと舷窓を貼ったところまで。舷窓は一回り以上大きいのですが、他とのバランスも考えてこのままとしています。

 これから船体下側の加工に入ります。今回の製作では船底部の穴を全て表現するつもりです。

1/350で何か作ってみる(その22)

2010–10–08 (Fri)
 前回の続き。


 右舷側の舷外電路の貼り方がどうも上手くできなかったので、剥がして下地からやり直していました。少し手間がかかっています。




 前回の記事の補足になりますが、フライホークの舷窓は日本海軍用として売られているものです。

 以下次回。

1/350で何か作ってみる(その21)

2010–10–05 (Tue)
 3回前の続き。


 舷窓はフライホークの汎用エッチングを使います。窓とひさしが一体化されているものですが、貼って塗装をすれば一体化の部分はあまり気になりません。スケールを問わず舷窓のひさしは均一な製作とバランスの取り方が面倒な部品の一つなので、汎用品があるのは非常に有り難いものです。


 ただし、1/700でも同様ですが、舷窓エッチングには開状態のパーツが付いています。これを船体の外側に貼っている作例を目にしますが、船の舷窓は船体内側に開くもので、外側に向かって開く構造ではありません。よって、内側が見える所以外ではこのパーツは使えないので注意が必要です。


 キットの舷窓のモールドは実際のラインより下側に付けられています。舷窓のモールドの位置や数がアバウトなのはアオシマの他の艦船キットでも散見されることですが、ただしこれは外板表現を付けない限り完成後はほとんど意識できません。


 また、製作時期の設定では下甲板の舷窓は閉鎖されていたようなので、ライオンロアのエッチング(LE350018 IJN SEALED CAP FOR PORTHOLE)を貼っておきます。これは粘着シートから剥がすだけで切り離す必要がないので作業が楽にできます。

 以下次回。

短信2

2010–10–02 (Sat)
 今年の始めに次いでまたパソコンのデータ用のハードディスクが壊れました。

 設定ファイルを読み込むソフトの実行が2週間ほど前から妙に遅くなり、数日前に起動させたところ明らかに設定を読まずに実行したため、フォルダを見た所ファイルが消失。そこでマイコンピュータ→該当ドライブ右クリック→プロパティ→ツール→エラーチェック(CHKDSKの実行)でエラーを修復させた所、消えたファイルが戻ってきました。

 ファイルシステムの一部破損でファイルが消えたように見える事は極く希ながらあることなのでそのまま使用した所、数日前からまた実行が遅くなり始めました。いつもであればここでハードディスクそのものを疑う所ですが、あいにく先月から今月に掛けては出費が非常に多く、ディスクの状態を示すモニターも特に差し迫った値は示していなかったため、そのまま使用していました。

 そしてパソコンの起動時にドライブチェックが自動実行され、立ち上がった後にドライブを開こうとすると「インページ操作の実行エラー」で開きません。ハードディスク全体の動作不良の際に良く表示される最悪のメッセージの一つで、目の前が真っ暗になりました。

 最重要のファイルは少し前にバックアップを取ってあったものの、散々溜め込んだムービーファイル1テラ分が全て消えて無くなるのはかなり悲しい。リカバリーソフトでスキャンを掛けた所、全体の作動不良ではなくディスクの記録面の一部が読めなくなった事によってファイルシステム全体が壊れて内容が表示できなくなったように見えたため、PC屋に行って代わりのディスクを渋々購入。丸一昼夜掛けてリカバリーソフトで認識できるデータを全て吸い上げました。幸い、9割方データは回復できましたが、とんだ事になってしまいました。



 以前、ふね検定の初級に合格した時に、続いて中上級を受けると書きました。試験は明日ですが、現状はちょっと試験どころではなく、さすがに中上級は問題集を数回読んで良しというものではないので、次回(例年なら来年夏)に持ち越しとしました。

 また、1/350の何かを2ヶ月弱で仕上げるのはさすがに見通しが甘すぎで、現在はまだ本題にすら入れていません。従って1/100海王丸の製作は年末まで一時休止とします。進捗を期待されている方には申し訳なく思っています。

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

09 ≪│2010/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場