続大和ミュージアムに行ってきました。

2010–04–29 (Thu)
 タミヤの1/350最上で気になっていた事の一つとして、雑感では触れませんでしたが、艦載機が11機もあるにもかかわらず、フロートや翼など予備機材置き場の指定が一切ありません。他艦の例から搭載の1/3~1/2程度の機材を準備していたと考えれば、少なくとも4~5機分の機材がどこかに置かれていたはずです。

 航空巡洋艦に改装後の最上の公式図は、学研の最上型重巡に掲載された上側面と諸要部切断図がありますが、これだけではシェルター甲板や飛行甲板の下の艦尾甲板の状況がよくわかりません。他には今日の話題社の「海軍艦艇公式図面集」に上側面・船内側面と各甲板平面図が掲載されているのですが、シェルター甲板の平面図が無い上に印刷が極めて悪く、艦尾甲板は大半が黒く潰れていて読み取ることができません。

 大和ミュージアムの検索で出てきた航巡最上の図面は、学研や今日の話題社のものとは異なり、以前タミヤの1/700新版が発売されたときに雑感で触れた、「シェルター甲板に滑り止めが描かれている」ものです。退色が激しく見にくいものの、端末上で拡大させると記入された文字も読み取ることができました。

 結論から先に書くと、艦載機の予備機材置き場は主に艦尾甲板と一部は中央機銃台の下にも描かれています。飛行甲板下の艦尾甲板は1/350であっても完成後はほとんどわからなくなりますが、シェルター甲板の中央機銃台下の予備機材はそれなりに見えるので厄介です。

 雑感を書いたときに機銃台上の兵員待機所は高さが低い事からシェルター甲板まで伸びているのではないかと一時書きましたが、直下は飛行科の倉庫や天窓、零式水偵のフロートの格納所などとなっており、この推測は完全に誤っていました。また後部艦橋側面の通路の形状に関しては、角窓がある発射予備指揮所兼兵員待機所の床面が機銃甲板よりも低く描かれているため、側面通路に段差があったと考える方が理に合っているようです。ちなみに、後部探照灯台の基部(部品No.C11)はこの図面上では兵員待機所となっているため、それに従うならばキットのムクの表現で正解になります。

大和ミュージアムに行ってきました。

2010–04–27 (Tue)
 あまりにもつらい春が過ぎ、どこか遠くに逃げたくなり、前々から行きたいと思っていた大和ミュージアムに行ってきました。戦艦大和の1/10巨大模型が有名ですが、私はほぼ終日ライブラリに籠もって図面を眺めていました。

 ネット上では所蔵書籍一覧と写真のみ検索できますが、大和ミュージアム内の資料検索システムは、図書・写真・図面・映像(館内各所で上映されているもの)の4つのカテゴリが可能です。図面の検索は端末上でデジタルデータとして閲覧できるもののみのようですが、直接足を運ばなければそもそも何があるのかすらわかりません。

 端末上での図面本体の閲覧については、非常に使いにくいものの、ピンポイントの任意拡大が自由にできるため、劣化退色が激しい図であっても線や文字をかなりの部分まで判読することができます。模型愛好者的には「図面上に描かれているものが何か」判れば、既存資料や写真との突き合わせや大スケールモデルのディテールアップが容易になります。実際に行って使ってみて驚愕したのですが、大和ミュージアムではこれら図面のことがらに関してはなぜかあまり告知していないようです。



 ハセガワの1/350赤城には、これまでの模型や創作図には無かった表現が幾つか付け加えられています。その一つとして船体後部の13m運貨艇収納部(部品No.E8)の左舷側の床に4個のターンテーブルと運搬軌条と思われるモールドが付けられ、側壁がオープン構造になっています。軌条は格納庫に通じていないため艦載機に関係したものではなく、またターンテーブルの間隔が非常に狭くかつ艦尾甲板ともつながっていないため、艦載艇用でもありません。いったい何に使うものだろうと、雑感を書いた時からずっと気になっていました。

 大改装後の赤城の公式図は、原書房の日本海軍艦艇図面集に非常に綺麗なものがありますが、該当する部分の甲板平面図は入っていません。これまでの模型と違う解釈を行うためには何らかの「根拠」があるはずですから、ひょっとしたら協力の大和ミュージアムに答えがあるのかもしれない。

 実際に足を運んで検索してみると、最上甲板平面と上甲板平面の間に「測巨儀甲板平面」という図面があり、その艦尾側に該当するモールドの意味が示されていました。つまりここは艦載機の発動機試験場で、発動機を載せた運転台を移動させるためにターンテーブルと軌条(ただし言葉で明記はされていません)があったようです。そして各ターンテーブルから艦首方向に斜めに軌条が伸びていて、側面の開口部を抜けて張り出しの前縁まで運転台を引き出して試験を行っていたように図面上は描かれているのですが、ハセガワのキットは部品割の関係なのかこの斜めの軌条が省略されています。昭和13年に撮影された左舷全体の有名な写真(写真日本海軍全艦艇史p330 No.0763など)を見ても、なるほど言われてみれば該当箇所に開口部と台に乗った発動機らしきものが4基並んでいるようにも見えます。

 図面に従うならば、ここの処理は甲板と舷側の開口部と張り出し(K1)を面一とした上で各ターンテーブルから斜めの軌条を加え、その上に運転台と発動機を載せることになります。この部分は少し隙間が開く上に塗装手順もあってやや手こずるかもしれません。発動機運転台は武藤忠春氏の1/100空母瑞鶴に付けられているものがイメージし易いように思います。

 平面図は他に機銃甲板平面(最上甲板の上)があり、左舷後部機銃座(K30)の一部が吹き抜けになっているのは図面上でそうも解釈できるためのようですが、吹き抜けとすれば機銃側の壁に窓ではなく開孔部(K13の凹モールド)があるのは不自然にも思えます。またこの図面では左舷後部機銃座の下に斜めクロスの大きな補強材らしきものが描かれていますが、キットでは裏側補強材の一部として処理されています。他にも図面とキットの解釈と写真の突き合わせで気になるところがあり、ひょっとしたら左舷後部機銃座付近は今まで考えられているよりも更に複雑な構造なのかもしれません。

 赤城以外にも個人的に気になっていたことを幾つか調べていました。続きは次回に。

短信

2010–04–23 (Fri)
精神的にも時間的にも余裕が出てきたので遠出をすることにしました。詳しくはまた来週にでも。

今年上半期の各社の新製品について。

2010–04–19 (Mon)
 4月も半ばを過ぎたというのに、冬将軍が居座り続け春とは名ばかりの天候が続いていますが、静岡見本市まで一ヶ月を切り通販サイト等で今年上半期の新製品の予約が始まっています。その中から艦船関係の主なものをまとめてみます。


フジミ
1/700
 空母 赤城 開戦時 6月予定

 今回最大の目玉かもしれません。1/700赤城はハセガワが350を出した当時からリメイクの噂があっただけにちょっと意外な感もありましたが、ハセの現行製品は発売から既に40年近い歳月が過ぎ日本海軍の有名主力艦の中では最もリメイクが遅れていた事と、現状でハセガワがこのキットをいつまでにどうしたいのか明確な方針を会社として公式に示していないため、フジミの新製品は肯定的に受け取られるのではないかと思います。また、赤城が架空の世界で活躍する人気アニメーションの二期シリーズが7月から放送される予定で、その点からもこの発売は非常に良いタイミングです。価格は実売ベースで2000円台前半と他のフジミ700新作同様にかなり抑えられています。

1/350
 空母 瑞鶴 比島沖海戦時(1944) 5月予定
1/500
 戦艦 長門 開戦時 7月予定
1/700
 空母 龍驤 第二次改装後 4月予定

 1/350瑞鶴は昨年発売された翔鶴のバージョン替えのようで、後期型艦載機や新設計の噴進砲などが追加されるようです。ただ、比島沖海戦当時であれば水線下の軽質油タンクの外側にバルジが増設されていたはずですが、今のところ宣伝文に言及は無いようです。

 フジミは他に1/700キティホークのアニメけいおん仕様が出るようです。


アオシマ
1/350
 重巡 足柄(1944) 4月予定
 軽巡 多摩(1942/1944コンパチ仕様) 6月予定
 重巡 羽黒  7月予定
1/700
 海上自衛隊 ミサイル艇 おおたか/しらたか(不審船付) 5月予定
 海上自衛隊 ヘリ搭載護衛艦 ひゅうが 7月予定

 1/350は既に発売されたキットのバージョン替えのようです。1/700は新開発の自衛隊艦艇で、おおたか/しらたかにはオマケ的ですがあの不審船が付いてきます。1/700のひゅうがはピットロードからも発売予定があります。


ハセガワ
1/350
 軽巡 阿賀野(限定生産版) 5月予定

 これも昨年発売の矢矧のバージョン替えで、限定扱いですが専用のエッチングセットも同時に発売されます。


ファインモールド
1/350
 駆逐艦 綾波 第三次ソロモン海戦時 7月予定

 一昨年の静岡見本市で企画が発表されてから2年掛かりで、ようやくキットが出てくるようです。予定価格は実売ベースで5000円台と、ハセガワ/タミヤの雪風よりやや高めに設定されています。考証的にはそれほど問題はないだろうと思いますが、1/350ナノドレッドシリーズとして分売される各種装備品の仕様を見る限りでは、ファインモールドを以てしても350の表現は詰め切れないのかなという印象も個人的には感じます。

ブログ再開のお知らせ

2010–04–15 (Thu)
 例年桜が咲く時期は多忙で、ここ10数年花見どころか桜の花を生で見ることすらままなりませんが、今年は夜昼の感覚すら無くなるほどの有様で、結局桜は買い出しの際に車中からちらっと見えたのが唯一になってしまいました。ようやく峠が越えましたので随時再開します。

 前回の記事のコメントに関してもここに書いておきますが、Webベースの頃から多忙な時は休止しては再開の繰り返しでしたし、充分な時間ができるまで待つならば、恐らく年金が受け取れる未来まで止める事になるでしょう。現実問題としてこのブログが扱う趣味の領域に関しては今後とも私自身の実生活よりも優先はできません。それを是とし得ないのであれば、引き留める権利は私にはないということです。

 とはいうものの、更新頻度(ここに於ける製作ペース)が以前に比べて著しく開いているのは紛れもない事実ですし、訪問しても新味がないというのはほとんどの方の率直なところだろうと思います。今後はできるだけ製作を先に進めたいと考えております。

 5月の静岡見本市まで1ヶ月を切り、そろそろ各社から今年前半の新製品の情報が出てきました。次回はそれらをまとめておきます。

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場