船首楼の製作・後編(その43)

2009–12–30 (Wed)
 次に、船首楼甲板の中央には大型のキャプスタンがあります。


 これは日本丸との相違一覧で述べたように元々は同じものでしたが、海王丸は1982年春の入渠工事の際に電動式のものと取り替えられました。


 キットの想定年代は1975~76年頃なので、日本丸と同じ部品で間違いはありませんが、製作の設定は85年春のためこの部品を元に改修します。


 基部を切り離してプラ材で作り替え、頭の部分を丸めました。頂部には航海訓練所の記章であるコンパスのマークが彫刻されていますが、どうも上手くバランスが取れないので省略することにしました。ロープを巻き付けるくびれの部分はもう少し短いのですが、他の部品とのバランスを考慮して若干誇張した形としました。



、年内の更新はこれで終わりです。皆様どうぞよいお年を。

短信

2009–12–25 (Fri)
 本サイトのウォーターラインの一覧表を最新版に書き換えました。ちなみに、4月に発売されたアオシマの自衛艦さざなみ/さみだれに関してはシリーズ番号が付加されていない上に、既存のキットの箱替え+一部エッチングパーツ追加の内容のため、リストには加えていません。

 興味深いのは今年の展開で空母用のNo.221と補助艦艇/装備品などに使われるNo.538が空番になっている事で、ウォーターラインで番号が飛ぶのは、何らかの企画がそこにあるという事を意味します。後者は恐らくアオシマ新版蒼龍の艦載機の別売りか専用甲板シートに使われるのではないかと思いますが、空母の空番は気になります。案外タミヤの大鳳か隼鷹のオマケ付き箱替え程度かもしれませんが。

 最近は1/350に開発が集中した分、ウォーターラインの純粋な新製品の数は格段に減っています。1/700全体で見ればフジミの積極的な展開が目立ちますが、これに関してはいつか包括したリストをまとめたいとは思っています。


 それと、以前に触れた、現在市販されている国産メーカーの艦船キットの体系が一目でわかるものをとりあえず作ってみました。この一覧から何かをする訳ではありませんが、上で述べたようにフジミの展開だけはまとめたいと思っています。

 現在市販中の全艦船(プラ)キットを大雑把に分類してみると、

1.700分の一スケールの製品群
 1-1.ウォーターラインシリーズとその元製品など
   1-1-1.田宮・長谷川・青島各自社担当分(1971~)
        現在「ウォーターライン」として売られているもの
   1-1-2.フジミ担当分(1971~1979)
        →1992年離脱、以降「シーウェイシリーズ」として販売
   1-1-3.旧ピットロード製品(田宮の一部外国艦)

 1-2.ウォーターライン離脱後のフジミの独自開発分
   鳳翔(1994)
   第七艦隊(1998~2000)
    以上「シーウェイシリーズ」として販売
   日本艦船(2004~)
    「特シリーズ」として販売

 1-3.ピットロードの製品
    旧グリーンマックス製品(1978~1980)の一部再販
    1989年より外国艦艇、
    1994年より日本海軍艦艇に進出
     →旧グリーンマックス製品及び外国艦艇の多くは
      1993年の金型屋倒産に伴い販売権喪失
      一部はドラゴン、田宮などに移籍
    2001年頃より中国トランペッター社と提携、大型艦艇はその国内販売品

2.350分の一スケールの製品群
 2-1.田宮(1978~1986、1996、2007~)
 2-2.長谷川(2005~)
 2-3.青島
    日本海軍艦艇(自社開発、2007~)
    独巡洋戦艦ケーニッヒ(ICM製品の国内販売、2000)
    帆船(旧イマイ製品、1977~1981)
 2-4.ピットロード(自社開発及びトランペッター国内販売、2007~)
 2-5.フジミ(2008~)
 2-6.GSIクレオス(=ジーマーク)
   ルシタニア(1978)
    →タイタニック(1975)は海外移籍

3.日本模型の製品群(1963~1983)
  1/200、1/500、30cmシリーズ、南極観測船など

4.その他の製品群
 4-1.長谷川の1/450(1962~1972)
 4-2.童友社(旧日本ホビー、山田模型製品、1960~70年代)
 4-3.マイクロエース(旧日本ホビー、大滝、中村産業、日東科学など、1960~80年代)
 4-4.青島の帆船(旧イマイ製品、1973~1981)
 4-5.フジミの1/500戦艦大和(2009)
 4-6.田宮の1/72魚雷艇(1971,1977)
 4-7.GSIクレオスの1/450クイーンエリザベスII(旧大滝製品、1979)

※注「年」はキットが初めて世に出た時を指します。
   旧製品の場合は再販年ではなく元々の発売年を示しています。


船首楼の製作・後編(その42)

2009–12–20 (Sun)
 船首楼甲板上のデイリータンクとその前の清掃用具入れまでできました。画像は1円玉が見える方が船首側になります。


 船尾側背面右舷側のバルブ付きの配管は海水注水管、右舷側面の底から下に降りる管は供給管、船首側にあるのはオーバーフロー兼空気抜き管と推定しています。船尾側背面に2本垂直に付いているのは水面計のようです。左舷側の管は80年代には全て閉鎖されていました。


 オーバーフロー管の左舷側にある金具はその前の清掃用具入れのふたの開状態を保持するためのもので、ふたの取っ手(塗装後に付けます)との間にロープを結んでいました。現役当時は一般公開の際にふたを開けて用具を展示していましたが、その他にも理由はわかりませんが、この清掃用具入れに関しては朝の甲板清掃以外と思われる時間にも開状態で写っている写真が少なからず存在します。この金具は日本丸にはありません。

 模型でも変化を付けるために清掃用具入れのふたを開けることにします。中には竹ぼうきと甲板を磨く椰子の実の殻がありますが、竹ぼうきはどうも上手く作れません。塗装はまだまだ先なので、それまでに作り方を考えることにします。

船首楼の製作・後編(その41)

2009–12–16 (Wed)
 海王丸の製作は船首楼甲板に入りますが、船体に接着してしまうと以降あの大きな船体を振り回すことになるため、その前に上に付く大きな装備品を3つほど作ることにします。


 船首楼甲板には半円形の大きなタンクがあります。キットのパーツは日本丸のもので、海王丸は全体の寸法が異なるために自作します。


(2002年08月25日撮影)

 これはデイリータンクと呼ばれ、中は2つに分かれていたようです。1980年代の海王丸に関しては右舷側半分のみ海水タンクとして用いられていましたが、フォアプリッジとメインマストの間に装備されていた同種のタンクとの役割分担はよくわかりません。80年代に撮影された現役当時の写真や映像を見る限りでは、左舷側半分への配管は全てカットされています。また、タンクの塗装は70年代は日本丸と同じく全面オレンジ色でしたが、80年代は白色に変更されています。

短信

2009–12–11 (Fri)
 やっと余裕ができてきたので、海王丸の製作を再開します。


 船首楼甲板の製作ですが、まず甲板を貼って縁のウォーターウエイの製作から始めます。

 それと、本サイトのウォーターラインの一覧表ですが、前回の更新から1年過ぎたので最新版を作ります。これに関してはフジミが自社リメイクから他社とのバッティングに積極的に動き始めている事もあり、今すぐという訳ではありませんが、いずれウォーターライン+フジミという形に書き直すつもりではいます。

 また、それと平行していま模型店で売られている艦船キットの全容が一目でわかる表も形にならないだろうかと考えています。それほど大げさなものではありませんが、理由については近日中にまた。

ジョーワールドの通し穴付きエッチングピンのことなど

2009–12–07 (Mon)
 艦船に特徴的な装備品の一つに、船体各部に設置されたジャッキステイがあります。1/700程度であればキットの凸モールドにスミ入れ強調で良いのですが、1/350クラスになると再現した方が印象がより良くなります。ただ、表現方法には今までこれといった決定打がなかったのが実情で、真鍮線を縦に埋め込んだ上から横棒を瞬間接着剤で接着する方法がありますが、瞬間接着剤の使い方に慣れていないと綺麗に接着できない上に強度的にも難があり、工作中に手が触れただけで外れてしまう危険性がありました。また、ハセガワから汎用エッチングの一環としてジャッキステイが出ていますが、取り付けにやや難があり少し扱い辛い感があります。ゴールドメダル等の厚手の3段以上の手すりを切って埋め込む方法もありますがピッチが幅広だったりと、どれも一長一短の感がありました。

 先日、ジョーワールドから汎用エッチングの一環として0.2経通し穴付きピンが発売されました。



 これは縦に埋め込んだ上で先端の通し穴に0.2mm真鍮線を通すことによってジャッキステイを再現するのが目的のエッチングで、
 

 このように比較的簡単に、かつ強度を持たせたジャッキステイが製作できます。ステンレス製なので埋め込んだ後で多少手荒に扱っても通し穴部分が折れてしまう事はありません。ピッチの幅も自由に変えることができます。埋め込む足の長さが約2.5mmほどあるため、厚手のプラであっても貫通して裏側から固定することができます。1セット716本で2mmピッチの場合で約1m30cm、3mmで2m程度まで作れ、戦艦重巡クラスであれば充分ですが、航空母艦は1セットでは足りないかもしれません。

 ジャッキステイ用ではありませんが、似たような製品としてはラーセナルのリギングセットがあります。


 これはヤードに付けて糸を通して滑車の代わりとしたり、各部に埋め込んで糸を張ってステイとするためのエッチングで、1袋に上のエッチングシートが2枚入っています。真鍮製なので強度が弱く、取り付けた後でロープの展開に手間取ると折れてしまう危険性がありました。


 ジョーワールドの今回のエッチングはラーセナルよりも一回り小さく、足も長いため、この代用として使うこともできます。


 手前がジョーワールドのエッチング、後方がラーセナルです。ジョーワールドがより細かくなりますが、ステイをアイボルトに止めてるんだと強調させるにはラーセナルのほうが裸眼では「らしく」見えます。ジョーワールドは1/700用のリギング展開用としても使えるかもしれません。

 一応メーカーの推奨使用法は1/350のジャッキステイ製作用ですが、他にも用途はありそうです。


 ちなみに、説明書には1/700へはオーバースケールと書かれており、実際その通りですが、煙突付近の強調にワンポイントとしてならば使えなくもないかもしれません。この辺は興味があれば実際に使ってみて許容範囲と捉えるかどうかで決めれば良いかと思います。

短信3

2009–12–03 (Thu)
 やっと一段落着きました。どうやら今年の年末は例年よりは楽に過ごせそうです。

 留守にしている間に、ジョーワールドが面白い汎用エッチングを出してきました。次回はこの話を詳しく。


 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

11 ≪│2009/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場