雑感:アオシマ1/350戦艦「金剛」(その3)

2008–10–30 (Thu)
 次に、フジミのキットで一番の問題点だった船体形状は一般的に考えられている形状に即した表現になっています。また、フジミでは強い傾斜が掛かっていた副砲のケースメイト側壁も垂直になっています。どちらも船体型を重視する方には避けて通れないことがらですが、気にならない人にとっては選択のポイントにはなり得ないかもしれません。この点に関しては後でまた詳しく述べます。

20081030_1

20081030_2
キットの艦尾。フジミほど明確な絞り込みがない点に注意。


20081030_3
副砲のケースメイト側壁部。
それぞれのフジミとの比較はこちらを。


 モールドは船体の外板ラインがやや強めの凸モールドで表現されています。また甲板もやや強めの凹モールドで表現されていますが、これに関しては縦の合わせ目のみで横のモールドはありません。また甲板の吸気口やリールなどは高雄型重巡と同様に、甲板からの凸モールドで処理されています。(上画像参照)。

 主砲塔や煙突の表現はフジミより良いようです。装備品は機銃・高角砲・カタパルト等が新規開発、艦載艇や艦載機などは高雄型重巡のZ部品の流用となっています。新規開発分はハセガワの装備品セットに準じた表現で高雄型のそれよりも良くはなっていますが、艦載艇や艦載機が流用で、全体を通して見たときにやや表現のばらつきが気になります。

 艦橋は1/700(新版)山城に準じた部品割で、基部と後部の補強桁を組んた後に艦橋上部前半を組んで差し込んで仕上げる形式になっています。金剛型の場合、艦橋後部と背面の補強桁の位置関係が明確になるというメリットはありますが、1/350では甲板の部品同士の合わせ目がどうしても目立つ上に、この組立順では面一に処理することもできません。またディテールを修正したり他の時代に改造する時も各甲板レベルで考えることになりますが、それも困難になります。これはハセガワの長門やフジミのキットと同様に甲板を積み上げて支柱を差し込む方式にして欲しかった所です。

 また、艦橋各甲板はリノリウム貼りのはずですが、木甲板のモールドが付けられています。凹凸が入り組んでいる部分なので修正はかなり厄介です。艦橋そのものに全面的に手を入れるだけの技量がなければ無理に手を入れずにモールド違いを承知でリノリウム色を塗る方が無難かもしれません。できれば、ここだけでも金型修正を望みたいものです。

 二番煙突基部付近の外側への張り出しが左右対称になっていて、左右の煙突配管がそれぞれ付く形になっていますが、実際は左舷側のみ(焼却炉)で、右舷側は形状が若干異なる上に配管もここには付きません。

 以下続きます。

雑感:アオシマ1/350戦艦「金剛」(その2)

2008–10–27 (Mon)
キットの部品割は以下の通り。
・A部品
  船体(右舷、左舷)
・B部品
  中央部甲板・艦尾甲板
・C部品(透明部品)
  艦橋ガラス窓一式
・D部品
  第一煙突、揚弾筒、後部マストクロスツリー、第一煙突前機銃座、艦橋基部側壁、
  艦橋下部機銃座、高射装置指揮塔甲板、及び支柱、司令塔天蓋、後部マスト機銃
  座、ほか
・E部品
  船体内部補強壁、スクリュー、シャフトブラケット+シャフト+エディプレート、副砲撤
  去分閉鎖壁、前部高角砲座、舵、ケーシング側壁、艦橋頂部測距儀、同基部、旗竿
  、ほか
・F部品
  後部マスト下部、後部艦橋、同増設機銃座、艦橋背面、高射装置指揮塔支柱、探照
  灯座、同支柱及び兵員待機所、ほか
・G部品
  艦橋基部及び後部補強桁、艦橋各甲板、ほか
・H部品(2個)
  主砲塔部品一式、キャプスタン上部、94式方位盤、91式高射装置、パラベーン、塵捨
  筒、双眼鏡上部、探照灯管制器上部、艦橋基部リール
・I部品(2個)
  副砲、25mm連装機銃、同三連装機銃、12.7cm連装高角砲、カタパルト、航空機用
  クレーン(以上部品一式)、ボートダビッド、主錨、菊花紋章、21号電探、同電探室、
  4.5m測距儀、1.5m測距儀、ほか
・J部品
  艦首甲板、艦橋基部甲板、後部高角砲甲板、ケーシング天蓋、航空機作業甲板、
  後部マスト頂部
・K部品(2個)
  二番煙突、煙突頂部、煙突側面配管、航空機作業甲板下部船室、探照灯台、後部艦
  橋、主砲射撃所、ほか
・Z部品(3個・高雄型重巡の部品流用)
  94式2号水偵、95式水偵、零式三座水偵、零式観測機、12m長官艇・内火艇、11m
  内火艇、12m・11m内火ランチ、9mカッター、6m通船、13mm単装機銃、ほか
・CP部品(2個、透明部品)
  110cm探照灯、60cm信号灯
・スタンド
  展示台一式
・その他
  主砲旋回用ポリキャップ、アイアンクラッドデカール、金剛デカール(特典艦載機用)
・初回生産限定特典
  96式戦闘機、96式艦上攻撃機、96式艦上爆撃機、各一式(各4機)
  水密扉エッチングパーツ、/DL>

 まず、一番最初に述べておきたいことですが、このキットは1944年時と書かれてはいますが、44年1~6月頃(マリアナ沖海戦)の状態を示したもので、10月の比島沖海戦の最終状態ではありません。説明書の過程61で高雄型の部品を流用する形で単装機銃の配置図が描かれていますが、これはマリアナ沖海戦後の機銃増備に於ける配置図で、キットの設定では必要がありません。単装機銃は福井資料ではマリアナ以前は装備なしになっていますが、資料によっては数基装備ありとされているものもあるため、こだわる方は良く調べる必要があります。

 また、これはフジミのキットでも誤っていたことですが、いずれの時期に於いても艦橋下部張り出し両側(部品 D13,14、過程50)に付く機銃は三連装ではなく連装機銃です。そのため、説明書の過程47-48で製作する連装機銃は8基、三連装機銃が6基になります。

 なお、1944年10月の最終状態へは2・3番砲塔上への増設機銃座を自作した上で、三連装機銃と単装機銃を各所に増設し、22号電探と二式哨信儀を他から調達or自作して艦橋上部に付けけば再現できます。

 以下続きます。

雑感:アオシマ1/350戦艦「金剛」(その1)

2008–10–24 (Fri)
アオシマの1/350金剛は2015年1月にリテイク(改訂)版が発売され、表現が誤っていた艦橋床の彫刻が修正されたほか、甲板と一体化されていた吸気口等が別部品化されました。この記事は初版を対象としたのもので当時のまま残しているため御注意願います。



 ほぼ同時期に同縮尺で同じ対象のキットが市場に出てくることは、航空機や車の分野では過去にも散見されたことですが、これまで開発期間が長く発売される頃にはほぼ情報がオープン化している事が多かった艦船の、特に大スケールキットではあまり例がありませんでした。記憶をたどっても1978年静岡見本市で発表した大滝の1/250大和(現アリイ製品)と、1年後の79年静岡見本市で発表した田宮の1/350大和ぐらいしかなく、この時はスケールが若干異なる上に、大滝は当時の模型誌ではディスプレイキットとしての細部の考証よりもRC化前提の走行モデルとしての捉え方が成されていて、当時の田宮のキットも走行可でしたが、真正面からコンセプトがぶつかって選択に困るといった事態には無かった記憶があります。

 時代は変わり、製品の開発期間も以前では考えられないほど短くなり、情報が漏れ出てくる頃には基本設計がほぼ終わっている事すら珍しくなくなっているようです。今回フジミとアオシマで1/350金剛の企画がまともにぶつかった事もそういった背景から出てきたものと推察します。それで、アオシマのキットは「できる範囲で」先行するフジミと差別化を図ろうとした意図は感じ取れるものの、価格や特典も含めて後発である事のメリットがあまり感じられない内容に留まっていたというのが私の率直な印象でした。もっとも、フジミのキットにも色々と問題はあり、どちらかを無条件で切り捨てるというものではなく、キットを求める側の考え方やスキルによってより適した方を選ぶのが現状ではベターではないかと考えています。

 前置きが長くなりました。例によって評価表から。



ジャンル:近代艦船・旧日本海軍戦艦
名  称:金剛
メーカー:アオシマ
スケール:1/350
マーキング:軍艦旗・艦載機の日の丸(シリーズ共通)、特典航空機用日の丸
モールド:★★★☆
全体的に高雄型重巡に準じた内容です。機銃配置には要注意。
スタイル:★★★★
船体形状はフジミより良い。装備品の多くは他から調達した方がいいようです。
難易度:★★★☆
素組みならば星3つ、根本的に手を入れようと考えたら4つ。
おすすめ度:★★★
買う側の技量や組立模型に何を求めるかで選択は異なってくると思います。
コメント:
決して悪い内容ではありませんし、フジミよりも良い部分はありますが、訴求力
に今一つ欠ける面は否めません。フジミのキットも同様ですが、作る側の力量
と模型のどこに重点を置くかで選択が変わってくるだろうと考えます。

 以下続きます。

更新再開のお知らせ

2008–10–21 (Tue)
 気がつけば10月も20日を過ぎていました。今年は私的に史上最悪の状況でピーク時は1週間に完徹3回と、さすがに身体も精神的にもすっかり参ってしまいました。まだゴタゴタしていますが、何とか落ち着く兆しが出てきたので、ブログの更新を再開します。

 次からは、多少旬を逃した感もありますが、前にもお話ししていた通り、これから始めます。
20081021_1

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場