艦船模型大全(後編)

2007–07–30 (Mon)
 1970年代とは、航空機やAFVに比べて立ち後れていた艦船模型のスケールの集約化、すなわち1/200と1/500で市場を固めつつあった日模から、静岡4社が提携した1/700ウォーターライン、及びピットロードに主導権が移っていった時代だと捉えています。またメーカーと製作者の橋渡し的な役目を果たしていた当時の模型誌の分野でも、先発のモデルアートがどちらかといえば製作者側の立場で、ある一定の価格帯までの中から、より良いキットが作れるための製作ガイドに重点を置いていたのに対して、後発のホビージャパンは対象年齢層が当時はやや高めで、編集方針も今とは全く異りスケールのより突っ込んだ考証記事や情報を提供し、子供には手が届かない高額キットの紹介も積極的に行って、激しい読者獲得競争を繰り広げた時代でもありました。

 70年代前半、日模が1/200と1/500で新製品が出る度に、ホビージャパン上に森恒英氏がペンネームで解説記事を書かれていました。キットの開発過程でのリサーチ内容を含んだ資料的価値の高いもので、上に挙げたホビージャパンの編集方針とも合致するものでしたが、それは70年代後半の日模の新規開発停止と共に終わりを告げることになります。対してモデルアートは長谷川藤一氏のウォーターラインキットの製作記事を経て、1977年から衣島尚一氏による連合艦隊講座が始まります。この連載が長期化する事によって、ウォーターラインとピットロードは新製品がほとんど出なかった80年代に次の世代の種をまくことになります。

 また、日本で帆船模型が一般に広まるきっかけになったのは、1976年7月のアメリカ建国200周年記念としてでニューヨークで大帆船パレードが行われ、初代日本丸が参加した姿が大きく報道された事ですが、ホビージャパンはそれ以前から帆船に関する専門知識や模型の製作記事を断続的に掲載していました。70年代末~80年代初期に掛けて輸入の木製キットや資料などが数多く出回るようになり、帆船模型が盛り上がる兆しが見られましたが、当のホビージャパンはこの時期、編集方針をAFV重視から次第にキャラクターモデルに切り替え始め、これら帆船のミニブームを支えることができませんでした。

 艦船模型大全はモデルアートの本ですから、視点がそれ側になるのは仕方のない事ですし、競争相手を評価できる訳がありません。それでも、艦船に限らず70年代のスケールモデル事情について語る場合に、ホビージャパンが果たした役割という点は避けて通れないのではないかと思うのです。また、70年代前半に「船のニチモ」とまで呼ばれたメーカーが、ウォーターラインの展開に対して製品的に対抗策らしいものをほとんど取らなかったように見える事も、主導権が移り替わってゆく大きな原因の一つだったと思うのですが、それに対する言及もありません。

 それらの視点がないため、上に書いたような(私の個人的な見方ですが)70年代に艦船模型の主導権が移り替わってゆく大きな流れというものが見えなくなってしまい、各社個々のカタログ的な製品の羅列に終わっている-特に日模と今井科学は時系列的な流れが掴みにくい-点が、多くの部分に於いて本の性格上やむを得ない事とはいえ、残念に思いました。

 それと、日模の製品開発が止まってしまった一因に1976年に発売した1/200陽炎型駆逐艦の販売不振があったはずです。これは現在では当然の完全ディスプレイの大型艦船モデルでしたが、なぜこのキットだけが動力模型ではなかったのか、そして当時市場に受け容れられなかったのは何を意味していたのか、動力模型が常識だった70年代初頭に展示模型にしかならないウォーターラインの企画の立ち上げに何の支障も無かったのかなど、「モーターライズからディスプレイへ」という1章を設けながらそれらの背景にあまり深く切り込んでいない点にも不満が残りました。


 長々と書きましたが、上に挙げた70年代の動向が把握しづらい事を除けば、大判カラーの上質紙で各時代毎のカタログやボックスアートが満載された、見ても読んでも非常に楽しい内容に仕上がっています。およそ船の模型に興味がある方ならば手元に置いて損はありません。作る意欲まで出てきそうな本です。

 また、この本を読み終えてつくづく感じたのは、「こと艦船模型の世界に限れば、仮にどんな勢いのあるメーカーでも、1社にできることには限りがある」という事でした。木製時代からの慣習を強く受けていたとはいえ、各メーカーがそれぞれにスケールもスタイルも異なった製品を、これといって明確な展望もないままに出しては各個撃破されてゆきました。せめてスケールの集約だけでも航空機と同じく1960年代に成されていたならば-36年前に始まったウォーターラインがそうであるように-この本に掲載され現在は市場から姿を消したシリーズの幾つかは現在でも生きながらえていたかもしれません。そういった思いにも駆られる1冊でした。

艦船模型大全(前編)

2007–07–28 (Sat)
20070728_1

 本日買った雑誌。概要はこちらを。

 モデルアート艦船模型スペシャルの別冊の扱いで、戦前から現在までの艦船模型の歴史を述べた本です。値は少し張りますが、懐かしいパッケージやカタログなどの写真が豊富に掲載され、それらを見るだけでもとても楽しい内容です。記事も興味深い内容が多く、船の模型に興味がある方ならば手元に置いて損はありません。

 ただ、誌面構成がわかりにくく、全体を見渡した流れの把握がややし辛いことと、日本のプラの組立模型が玩具から本格的な模型に昇華し、それをとりまく環境も激変していった1970年代の記述が、他の時代に比べてあっさり流されている点は少し気になりました。

 詳しくは次回に。

ハセガワの1/350戦艦長門

2007–07–26 (Thu)
 ハセガワが1/350の新作として戦艦長門の企画を公表しました。公式サイトの情報を見る限りではテストショットの詰めの段階まで開発が進んでいるようで、実艦の進水記念日でもある11月9日には恐らく発売できるのではないかと思います。予価20,000円とプラの組立模型の中でもかなりの高額である事が唯一の懸念ですが、今の新開発で部品数が約850個という事であればやむを得ないのかもしれません。

 戦艦長門は私の最も好きな船の一つで、いつか腕が存分に振るえる大型キットが出たら作ってみたいと子供の頃から思っていました。出るかもしれないという予感はありましたが、それはアオシマが今の高雄型重巡の開発と売れ行きを見定めた上で、せいぜい3~4年後ぐらいだろう、ハセガワの次の1/350は赤城ではないかと見ていたのですが、完全に当てが外れてしまいました。正直言えば猛烈に作りたいのですが、現在の海王丸が11月までに完成する見込みは全くなく、さりとて同時進行はとても無理(製作ペース以前にこの狭い部屋に2隻分も大きな船体や資料を置いておける場所などない T_T)、中断はしたくないと、今から何とも悩ましいところです。
 とりあえずキットが発売され次第、これも感想を書くつもりです。

ウェルデッキの製作・後編(その61)

2007–07–24 (Tue)
 前回の続き。
 ウェルデッキの左舷天井部分にあった、洗濯用のバケツ掛けを作ります。

20070724_1

 真鍮線を曲げてフック状にしたものをハンダ付けし、梁に空けた穴に通して瞬間接着剤で留めます。

20070724_2

 バケツはこんな感じになります。完成後は上の部分が全く見えなくなるため、2mmのプラ角棒を切り真鍮線で取っ手を付けて引っ掛けます。取り付けは最終段階に行うため、今はまだバケツは作りません。

ウェルデッキの製作・後編(その60)

2007–07–22 (Sun)
 前々回の続き。

20070722_1
(1983年4月23日撮影)

 初代海王丸のウェルデッキ左舷側には、1980年代の初め頃に船内作業用のアセチレンや酸素ガスボトルなどを置く炭酸ガスボトル室が設けられました。これはプレハブ状の小部屋だったようで、正確な形状は良く判らないのですが、断片的な写真や一般配置図などを元に作っています。なお、この部屋自体は引退後も物置として用いられていたそうですが、現在の保存船には残存していません。

20070722_2
(この画像はクリックすると拡大表示します)

 上の写真に見える注意書きが85年当時もあったかどうかはわかりませんが、一応作って貼りました。例によってドロー系描画ソフトで描いて縮小した画像データをクリアデカールに印字したものです。

 写真の天井部分には多数のバケツが掛けられています。これは航海中の洗濯に用いるもので、次はこのバケツ掛けを作ります。

短信

2007–07–20 (Fri)
 製作は前回から見た目ほとんど進んでいません。

20070720_1

 これは少し後に出てくる予定の部品です。

ウェルデッキの製作・後編(その59)

2007–07–18 (Wed)
 前回の続き。
 ウェルデッキの天井の梁は、後部隔壁(79番フレーム上)から1フレーム船首側の80~92番フレームまでと、93~97番まで2フレーム毎に1本付けられています。また中央船室から後部隔壁に向かって2本の鋼材が、梁をまたぐ形で付けられています。

20070718_1
2番倉口付近を左舷側から見る(2003年2月21日撮影)
現在ウェルデッキ2番倉口は船内への入口に改造されています

 梁は天井に当たる長船尾楼甲板の部品の裏側に付けた方が楽なのですが、この製作では梁に沿って配管が張り巡らされている関係で、船体側に付けて甲板を上からかぶせる形を取ります。甲板にはキャンバーが付けられているため、まずそのラインに沿って真鍮板を切り、それを定規としてプラ板を切り出します。

20070718_2


 まず中央船室から後部隔壁に向かう2本の鋼材を作って取り付け。そこにはめ込む形で横の梁を取り付けてゆきます。

20070718_3

 側面開口部の支柱が横の梁(フレーム位置)に接して付けられている事がわかると思います。このあたりもできる限りきっちり作ります。

ウェルデッキの製作・後編(その58)

2007–07–16 (Mon)
 製作はこれからウェルデッキの上にかぶさる長船尾楼甲板の裏側、デッキから見ると天井に当たる部分の梁の製作に入ります。キットは全く考慮されていないので全て作ることになります。

20070716_1

 まずはここまで。何に使う部品かはまた後日。

ウェルデッキの製作・後編(その57)

2007–07–14 (Sat)
 製作は前回からほとんど進んでいません。

20070714_1

 ウェルデッキ船室の左舷側。船首側の赤茶色の箱は甲板清掃用具入れ、その横にあるのは消火用のガソリンポンプの収納箱です。その横の壁面は、最初にこの部分を作った時には用途不明の装備品として付けるつもりでしたが、その後これは舷梯の一番上の踊り場の台を分解して掛けてあったらしく、左舷側の舷梯は降ろした状態で付ける予定なので、以前作った部品は付けずに取り付け金具のみとしました。ただし、金具の形状などは推定です。

ウェルデッキの製作・後編(その56)

2007–07–12 (Thu)
 前回の続き。中央の船室と2番倉口を付け、少し甲板が賑やかになってきました。

20070712_1


 キャプスタンバーに接している赤茶色の箱は甲板清掃用具入れで、同じものが反対舷にもあります。中央船室背面の扉の横にある赤の棒状のものは消火器(恐らく炭酸ガス仕様)で、少なくとも83年春の当時はここにありました。85年春にも同じ場所にあったという確証はありませんが、移動させる必然性も考えられないため、そのままとしています。

 なお、この中央船室の背面の扉の先は実際は階段になっていて、中甲板居住区に降りられるようになっています。模型では完成後は全く見えなくなるため階段は省略しています。

ウェルデッキの製作・後編(その55)

2007–07–10 (Tue)
 前回の続き。後部隔壁の出入口は二重扉になっています。外側の水密戸を開けた状態として付けました。

20070710_1

 水密戸のロックレバーの赤色は推定です。この部分はあと天窓上の壁面に防火関連の装備品が付くはずですが、1985年春の時点での設置状況がまだよくわからないので保留としています(この事はいずれ詳しく述べます)。

 とりあえず甲板の「回り」の作業はこれで一段落付きました。次からは内側に入ってゆきます。

ウェルデッキの製作・後編(その54)

2007–07–08 (Sun)
 製作は後部隔壁に移っています。

20070708_1

 中央にある天窓は直下の実習生居住区用のものです。窓は4枚ありましたが、1985年春の入渠工事の際に最も左舷側の1枚を撤去し、ここを貫通する形でキノコ型通風口が設置されました。通風口の天蓋にあるのは口の開閉ハンドルです。

 この部分は少しバランスがおかしいのですが、完成後は直上からは見えなくなるのでそのままにしています。作業はもう少し続きます。

ウェルデッキの製作・後編(その53)

2007–07–06 (Fri)
 ウェルデッキ側面開口部の内側の製作が一通り終わりました。

20070706_1
(画像はクリックすると拡大します)

 (1)の扉のように見えるものが舷門になります。その左側にある(2)の2本のパイプが前編17で触れた1,2番清水タンクの空気管です(前編17の写真で中央に写っている細い管はドレンタンクの空気管ですが、現役当時の写真を再チェックした所、有るようには見えなかったため付けていません)。

 左から2番目の支柱の側面にある(3)のフックは、停泊中にフォアシート(一番船首側のマストの、最も下の角帆の下隅を後方に引くロープ)を一時的に掛けておくために使われていたようです。フォアシートは通常は舷門と空気管の間にある(4)の引き込み口から(5)のビットに固定していましたが、停泊中に舷門を開けて舷梯を降ろすとロープがそれをふさぐ形になってしまうため、引き込み口から逆側に折り返して(3)のフックに掛けていたようです。

 ちなみにこのフックと支柱は左舷のみで右舷側にはありません。今井の組立説明書の表紙に右舷側の舷門を開けた写真がありますが、側面開口部から直接ウェルデッキに引き込んでいるロープが見えます。現役当時、停泊中は通常左舷の舷門を開けて舷梯を降ろし、右舷の舷門は開けていなかったようなので、特に考慮はしていなかったのかもしれません。

 (6)のビットはメインタック(前から2番目のマストの最も下の角帆の下隅を前に引くロープ)を固定するものですが、停泊中はここではなく、シュラウドの前端に付けられたフックに掛けられていました。

 前回も触れましたが、製作はこれから中央の船室から天井の梁の製作に入ります。

短信

2007–07–04 (Wed)
 製作は相変わらず見た目ほとんど変わっていません。

 それでも少し形になってきたので、次には何か出せるかもしれません。

ウェルデッキの製作・後編(その52)

2007–07–02 (Mon)
 製作は相変わらず見た目ほとんど変わっていません。このところ同じ作業が続いていることもあり、昨日は装備品用のデカールの原稿を描いていました。

20070702_1

 これは甲板上の6ヶ所に設置されていた消火ホースの収納箱の表記です。本来は(赤地に)白文字ですが、アルプスのプリンターの仕様で黒一色で文字を描いています。文字の字体は若干異なるのですが、実際に印字する大きさは横幅約6mm程度なので、潰れても文字がわかるように少しアレンジを加えました。

20070702_2

 これが実際に試し印字したものです。さすがにこの大きさでは原稿にあった文字の縦の切れ目が出ていません。これはもう少し調整して見ることにします。

 ちなみにデカールを自作するためにはドロー系の描画ソフトが必須です。以前触れた自作エッチングの原稿と同じく、ペイント系ではエッジが不鮮明になるためこの種の作業には向きません。

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2007/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場