船首楼の製作・前編(その9)

2007–01–31 (Wed)
 船首楼内の甲板の貼り直しが終わったので、以前製作したウインドラスを据え付けました。

20070131_1

 このウインドラスには銀色のシリンダー部分に動力用の蒸気管が2つ付くため、それを製作している所です。

船首楼の製作・前編(その8)

2007–01–29 (Mon)
 という訳で、前回貼った甲板をはがして再度張り直しています。まだ半分弱ですが、今度は上手くピッチが詰まって貼れています。

20070129_1

 一歩下がって二歩下がるような状態です。

船首楼の製作・前編(その7)

2007–01–27 (Sat)
 まずは木甲板の表現について。風邪を引く前に船首楼内部を貼りましたが、どうもスケールの割にピッチ(木材の継ぎ目の黒いタール)の幅が目立って仕方ありません。そこで再び材料を揃えて試し貼りしていました。

20070127_1
この画像はクリックすると拡大表示します


 一番上が1月11日付で示したテストパターン、中はピッチの幅をぎりぎりまで狭めたもの。実船はほぼこのような感じですが、模型ではピッチのラインが見えない部分が出てきてこれでは効果がありません。一番下は画像では一番上とほとんど違いがないように見えますが、幅を半分以下に縮めたものです。

 写真に撮ってしげしげと眺めてみると、何だかどうでも良いような気になってきました。とはいえ、最初に船首楼に貼ったものは幅がオーバー気味に思うので、剥がして再度張り直す事にします。

短信3

2007–01–25 (Thu)
 体調はかなり良くなりましたが、まだ少しふらふらする状態で食事後も横になっています。今年の風邪が特別強いという話も聞かないので、やはり運動不足で自己免疫が落ちているのかもしれません。

 製作は今週中には再開するつもりです。

短信2

2007–01–23 (Tue)
 風邪でぶっ倒れること2日、ようやく起き上がれるようになりましたが、頭のふらふらが収まりません。これほどひどい風邪も久しぶりで、日頃の運動不足がたたっているのかもしれません。

 どうにか今日からは外に出られそうで、製作もぼちぼち再開できそうです。

短信

2007–01–21 (Sun)
 少し前から体調が思わしくなかったのですが、ここ2日は熱出して寝床でげほごほの一日でした。寝込んでいる間に電話があり、故障のPCの修理費が予想よりも安かったため、そのまま修理を上げる事にしました。ここまでは良いことと良くないことが交互に来ている感じです。

船首楼の製作・前編(その6)

2007–01–19 (Fri)
 結局、貼った甲板の一部をはがしてウインドラスの外枠の位置を2mm船首側に移動させました。

20070119_1

 見た目はほとんど変わりません。ただ、塗装の甲板よりも修正作業は楽です。

船首楼の製作・前編(その5)

2007–01–17 (Wed)
 船首楼内部の木甲板を一通り貼りました。

20070115_1

 貼ってから気が付いたのですが、ウインドラスを置く緑の枠が、マーキングミスで2mmほど船尾側に寄っています。これでは直後にある中甲板居住区からの階段出入口から人が出られません。

 この部分は完成するとほとんど見えなくなるため、このままでもそれほど大きな問題にはならないのですが、どうも気になります。

短信

2007–01–15 (Mon)
 製作は前回からほとんど進んでいません。どうも最近は集中力が続かず、板を数枚貼るとひどく疲れてしまいます。気持ちに無理強いさせた時に限って失敗することが多いようです。今年は暖冬気味で、ここまで寒くて身動きが取れない日がほとんど無いのが救いですが。

 故障したPCは連絡がなく、興味がある船の新製品はいずれも2月以降の発売と、このブログで語れるような話が何もありません。最近買った本の中ではガリレオ出版のビスマルク図面集が出色の内容でしたが、これはとりあえず「雑誌扱いだから書店から消えるのも早い、実艦に興味がある人だったらなにをさて置いても買うべき」とだけ書いておきます。

船首楼の製作・前編(その4)

2007–01–13 (Sat)
 船首楼甲板の木甲板を貼り始めました。

20070113_1

 この付近は完成後ほとんど見えなくなる部分なので、トレーニングも兼ねています。通常、艦船の甲板は中心線から外側に向かって貼ってゆくのがセオリーですが、ここは中心線が全く見えなくなるので、外を合わせて中心で調整する形を取ります。相変わらずピッチの幅が太いのですが、狭い事もあってどうも思い通りに貼れません。

 中央の緑の枠はウインドラスが入る場所です。画像に写っている船室はまだ仮に置いているだけです。

船首楼の製作・前編(その3)

2007–01–11 (Thu)
 製作が船首楼の中に移り、そろそろ甲板をどうするか決めなくてはなりません。方法は前作のフッドと同じくSTウッドを細切りして貼ってゆきますが、フッドでは必ずしも上手くできなかった上にスケールも大きいため、より効果的なやり方を考えていました。

20070111_1
実船の甲板
(アフターブリッジ左舷端付近・2003年2月21日撮影)

 実際の甲板はチーク材をボルトで固定し、つなぎ目にピッチと呼ばれるタールを流し込んで水密を保ちます。そのタールの色でつなぎ目が黒く見える訳ですが、模型ではこの間隔が開きすぎると黒が強調されて全体的に暗いトーンになりますし、完全に詰まって見えなくなると効果がありません。

20070111_2

 あれこれ試して、とりあえずそれらしいものが出来つつあります。ピッチの幅はもう少し狭くしたいのですが、これ以上縮めると埋まってしまうのが難しい所です。また甲板色(木の色)も、もう少し白くしたいものです。

船首楼の製作・前編(その2)

2007–01–09 (Tue)
 製作の方は相変わらず、船首楼関係の部品を塗装していました。

20070109_1


 画像の右側は船首楼先端付近にある柱で、写真に映っている裏側の部分にバウスプリットが付きます。図面上は主錨格納/展開用のキャットクレーンの支柱が中に通っていますが、手前の部分が一部棚状になっていて、その扉が付いています。またメンテナンス用と思われる大きな扉も右側に付けられています。

 左側は船首楼の後端にある、中甲板居住区に通じる階段の覆いで、背面に両開きの水密扉が付きます。手前の露天部に面する部分に明かり取り用の天窓が二つ付いています。これは現役当時は丸窓でしたが、現在の保存船では角窓に変更されています。その上のモールドは天窓を開状態で固定するための金具です。

短信2

2007–01–07 (Sun)
 2日前の続き。

 マザーボードが壊れた(と思われる)メインPCをメーカーのサポートに着払いで送り付け、予備機のセットアップも半日で終わらせ、少し不自由さは残るものの、とりあえず落ち着きました。

 修理は部品のみ保証期間内で、技術料のみの請求になるはずです。ただし、これでもボッタクリ同然の決して安くない事も知っているため、すぐに修理という事ではなく、見積もりを出させた上で判断する事にしました。

 メーカーPCの修理は、故障した交換部品の保証期間が当初設定されている本体の保証期間の残り期間ではない事が多く、私の場合はたった3ヶ月しかありません。仮に技術料のみを払って修理したとしても、3ヶ月より後に同じ部品が壊れたら今度は本体の保証期間内であってもパーツ代を払わなければなりません。経験上これで泣いた方を少なからず見ている上に、メーカーPCのマザーボードは下手な自作機が1台組めるくらいの値段である事が多いため、マザーボード以外の部品が正常と仮定して、それらが流用できる仕様の近い市販のマザーボードとケースを買うと幾らになるか調べていました。その予想価格と見積もりで出てくる技術料とを比べた上で、同等か上回るようであれば修理を中止して返してもらい、マザーボードを新たに買い求める事としました。

 見積もりの結果はしばらくかかりそうです。この顛末はまたその時に。

短信

2007–01–05 (Fri)
 初詣でおみくじを引いたら大吉。ここ十数年大吉を引いた記憶がないので、珍しいこともあるものだと家に帰ってメインのPCを起動しようとしたら、電源が入るだけで何も表示しない。増設ボードやHDDを外してもBIOS画面すら表示しません。どうもマザーボードそのものが壊れたようで、こればかりは手に負えず泣く泣く修理に出すことになりました。約20年間で中古や新古も含めて6台目のデスクトップ機で初めてのケースで、今年の運は最初のおみくじで尽きてしまったようです。

 メインのPCは2ヶ月ほど前からその日の1回目の起動に失敗することが多くなり、HDDにも読みにいかないまま何度か電源を入れ直しているうちに正常起動する状態だったため、ある程度予期はしていました。とはいうものの、以前使っていた予備機を引っ張り出してデータHDDを付け替え、レジストリに絡む最低限度のソフトを入れて環境を作るのは結構面倒なものです。予期していたのなら環境ごと移転できるバックアップソフトで全く同じ環境を作っておけと言われそうですが、そういう時に限って予期だけで何の対策も取っていないものです。

 とりあえず応急作業で予備機に最低限度の環境を作ることができ、こうしてブログも更新できた訳ですが、とんだ年明けになってしまいました。

船首楼の製作・前編(その1)

2007–01–03 (Wed)
 製作は船首楼の中に入ってゆきます。ここは完成後はほとんど見えなくなってしまう部分ですが、ウェルデッキ後半の長船尾楼甲板の先端が天蓋になる部分の製作とも関連する部分なので、その予行演習も兼ねてきっちり作ることにします。

20070103_1

 まずは船室側面の塗装から。出入口は右舷側の最も船首側のみ鉄板の扉(水密戸ではない)、他は木製の扉になっています。ニスを塗ったマホガニーの木の色はなかなか塗料では表現できないもので、今回も新しく色を作ってみたのですが、塗ったという所から抜け出てはいません。周囲が白ですから、もう少しライトオークに近い色でも良かったような気がします。

新年あけましておめでとうございます

2007–01–01 (Mon)
 新年といっても特別な感慨はなく、365分の1日という感じしかありませんが、区切りの1日であるならば、せめては今年は前の年より何か前に進む部分がありたいと思いたいものです。

 今年の艦船キットは、春までに長谷川と青島のWLリメイクが出揃いますし、青島の1/350高雄も年の前半までには出てくると思います。長谷川の1/350は恐らく次で何らかの方向性が出てくるかもしれません。いずれにせよ国内メーカーの1/350進出が本格化するとすれば、その方向が田宮と連携するのかそうでないのかという点が、ピットロードとの絡みも含めて重要になってゆくような気がしています。

 どんな製品が出てくるとしても、全身の血が逆流するような凄いものを一つでも多く見たいものです。それでは今年もよろしくお願い致します。

 | HOME | 

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【3件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【4件】
2017年 06月 【3件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場