ハセガワ1/350隼鷹を作る(その15)

2017–04–15 (Sat)
 今年も年度末が無事に過ぎましたので、製作を再開します。



 ごく最近まで船の模型の吃水線下は軸回りと舵とビルジキール程度しか付いていないのが普通でしたが、資料公開が進んだ事によって聴音機や給排水口のモールドが付いたものも出てくるようになりました。

(本日の画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 これはフジミの1/350空母飛龍の船底部のモールドですが、多数の給排水口のモールドが付いています。これは船体諸孔付きの入渠用図に依るもので、大和ミュージアムの公開資料の中に含まれています。他にも、状態は様々ですが戦艦比叡や空母龍驤、5500トン軽巡に矢矧、駆逐艦などの図面も公開されています。靖国偕行文庫の公開資料にも戦艦霧島と駆逐艦の図面が何種類か有りますが、こちらはあまり綺麗ではなく文字の判別が難しいようです。

 この船体諸孔付きの入渠用図は市販の資料ではほとんど目にしないものなので少し説明します。原資料は引用できないのでイメージで示しますが、


 このように船体の図に開孔部の位置と役割を示した表がセットになっているもので、他に開孔部の大きさや中心線または舷側の特定位置からの距離などが書かれています。それで、前に製作した阿武隈では図面があったのでそれに従いましたが、隼鷹のものはありません。無いから艦底のっぺりというのも格好がつかないので、それらしいものをでっちあげ作ることにします。

 ここでは艦の大きさと機関配置が似ている飛龍の図面を用います。まず描かれている全ての諸孔を分類すると大体このようなくくりになります。

・缶室に関係するもの
・機械室と軸系に関係するもの
・発電機に関係するもの
・ポンプに関係するもの
・弾薬庫に関係するもの
・測程儀と探信儀に関係するもの

 この分類を元に飛龍の船底の図面に諸孔図をトレスして区画との位置関係を確かめます。ポンプ系統は専用のポンブ室とつながっているものはその場所に、他は穴の位置する区画内とします。

 次に方眼紙に1/350で隼鷹のフレーム番号と大まかな内部配置を描いた上で、飛龍の区画配置を当てはめる形で諸孔位置を描いてゆきます。ただし飛龍と比較して缶室が4つ、機械室と軸が2つ少ないので、その分を差し引きます。


 そうやって描いたのがこの図。たぶん間違っているのでしょうが、まるっきりの空想でもないのでこれで製作する事にします。
 

  ハセガワが5月の静岡見本市の新製品として1/350飛鷹を発表しました。昭和17年8月ということで予想通り竣工時のキット化のようですが、気がかりなのは「南太平洋海戦時の隼鷹も再現可」とある点。これは実際の仕様を見ないと何とも言えませんが、もし竣工時+21号電探=南太平洋海戦時と捉えているなら解釈に疑問があります。次回はその事について少し書きます。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その14)

2017–02–12 (Sun)
 前回の続き。

(この画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 必要10機中8機まで形になりました。あと零戦2機が残っていますが、レインボーの風防枠エッチングの手持ち全てを使い果たしてしまい、見る限りどこも在庫を持っていないようなので、入手できるまで保留とします。


 艦上機は共にあまり上手くはできませんでしたが、これで切り上げます。翔鶴の記録写真から南太平洋海戦当時の敵味方識別帯は戦争末期より幅が広かったようなので、そのように仕上げています。また奥は中島製零戦として胴体の日の丸に白縁を入れています。写真でははっきり見えませんが、一応フラップも下げた状態で、プロペラの裏側は茶褐色としています。


 99艦爆の風防枠は結局BIGBLUEBOYの1/350艦上機用エッチングセット(No.35034)を用いました。後でも述べますがこの製品はレインボーに比べて処理がしやすく、一個も失敗することなく取り付けられました。写真に撮った後で気が付きましたが、風防の前の射爆照準器が抜けていたので後で付けておきます。また手前の機はいつの間にか胴体の日の丸のデカールが取れてしまっているのでこれも付け直します。



 空母専用エッチングに於いて、ハセガワもフジミも艦上機に関してはプロペラブレード程度しか入っていないので、手を入れるならば外部エッチングに頼る事になります。しかしながら現在入手可能な1/350空母初期艦上機専用エッチングは、共にハセガワ向けのレインボー(Rb3516)とBIGBLUEBOY(No.35034)の2種しかないようです。

 個々の内容は通販サイト等の製品画像を見ればわかるので省略しますが、レインボーは例によっての紙細工でのりしろもほとんどなく、取り扱いはやや難しい面があります。BIGBLUEBOYはそれよりは扱いやすい印象ですが、零戦の風防枠が今ひとつ特徴を捉えていない上にコックピットや99艦爆の射爆照準器のパーツが無いなどまさに一長一短の感があります(風防を透明化すれば開けない限りコックピットはただの穴でもまずわかりませんが)。今回は数機レベルなので両方取りという形を取りましたが、数十機となるととても財政が持ちません。まず両方で一機作ってみてどちらかに割り切って選ぶのが現実的な選択肢ではないかと考えます。

 なお零戦の風防枠に関しては、レインボーは若干大きめ、BIGBLUEBOYは若干小さめで混在はできません。この製作ではレインボーの枠を用いていますが、後端が胴体とフィットしにくいようです。BIGBLUEBOYは大きさ的にはキットの風防に近いのですが、高さが低いために前端の傾斜も浅くなり、前面の印象が今ひとつの印象です。



 これで一通り作れる装備品は出来たので、ようやく本体の製作に入ります。ただし次回からしばらくは艦上機と艦について少し補足を書くことにします。
 以下次回。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その13)

2017–02–04 (Sat)
 前回の続き。

(この画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 零戦6機分のマーキングまで。胴体の黄帯二本と垂直尾翼の機番号、翼前縁の敵味方識別帯はMD5500による自作、他は既存のデカールを使用しています。写真に撮ってから気が付きましたが、翼の上の赤枠の形が異なっている(四角ではなく胴体に対してコの字)のでこれは修正しておきます。

 6機のうち4機を三菱製(胴体日の丸白縁なし)、2機を中島製(白縁あり)としました。南太平洋開戦当時がどうだったか資料はありませんが、状況的に混在していたのは間違いないので、変化を付ける意味も兼ねてこうしています。

 前回の記事で敵味方識別帯は付けないと書きましたが、その後資料を整理したところ海戦当日も付けていたようなので付ける事にしました。詳しくは艦上機ができた後にまとめて述べる事にします。

 以下次回。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その12)

2017–01–21 (Sat)
 前回の続き。

(この画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 99艦爆4機分にデカール等を貼り脚を付けた所まで。あとは風防を付けるだけですが、実は透明材を入れようとしてことごとく失敗し、手持ちの風防枠のエッチングが一つ残らず無くなってしまいました。見回した範囲でどこも在庫を持っていないようなので、入荷するまで99艦爆の製作はここで保留とします。

 あと、マーキングは主翼の上下面の日の丸は白縁あり、胴体の日の丸は白縁なし、翼の前縁の敵味方識別帯は無しとしました。根拠については後日まとめて述べることにします。

 以下次回。

ハセガワ1/350隼鷹を作る(その11)

2017–01–14 (Sat)
前回の続き。

(この画像はクリックすると別窓で拡大表示します)

 99艦爆4機を士の形にして基本塗装を行い、機体下面のスミ入れを行ったところまで。前回も書きましたが、製作の設定が多大な犠牲を払った後の隼鷹第三次攻撃隊ということなので、スミ入れ汚しも多少強めに行います。

 私自身は模型の原体験が博物館の綺麗な展示模型から来ているので、今でも極端な汚し塗装はあまり好きではありません。船は女性に例えられますが、美人をより引き立てるメイクはあっても、黒墨でべたべたに汚してリアルだと言うならそれは違うのではないかと。現実には一般の人にはそちらのほうがよく働く船らしく見えるのですが、女性のイラストをわざと汚く描く人が決して多くはないように、メイクと汚れの線引きというのは特にスケールの小さい船の模型では難しい問題だと感じます。

 以下次回。

 | HOME |  次へ »

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場