ALPS MD-5500を Windows7 64bit版で動かしてみる

2015–08–11 (Tue)
 アルプスのマイクロドライプリンタMD-5500は白や金銀の箔押しといった特殊な色が印刷でき、また印刷面も水に影響されないため、発売当時は模型屋にとってオリジナルデカールを作成する上で重要な道具の一つでした。しかし発売から既に16年が経過しとっくの昔に販売終了、メーカーの修理メンテナンスのサポートもこの5月を以て終了しました。

 インク(リボン)等の消耗品の多くは現在も通販で購入できますが、運用上の最大の問題はドライバがWindows7の32bit版までしか対応しなかった事で、vista以降の64bit版OS上ではそのままでは動作しません。私もOSを替えたときに動かないかやってみましたが上手くできなかったため、専用のXPマシンを一つ残す事にしました。そして先日twitterでこの話が出たため再度やってみたところ、単純な印刷までなら可能になりました。



 周辺機器にOSの対応ドライバが存在しない場合、ハードウエア的に互換性のある別の機種のドライバを当てる事で動作することがあります。例えば私が使っているエプソンのスキャナGT-9700FにはWindows7用のドライバはありませんが、GT-X970の対応ドライバを当てる事で問題なく動作しています。

 アルプスのプリンタはかつて幾つかのメーカーでもOEM生産されていて、シチズンシステムズの Printiva 600Cがマイクロドライプリンタのそれらしく、Windows Updateで入手できるMS製64bit用ドライバを割り当てればその機種として認識はします。ところが、テスト印刷しようとしても全く動きません。

 MD-5500のインターフェースはパラレルとUSB1.0の二種類が標準装備されています。まずUSB接続で試したところ、テスト印刷のデータは送られるものの動作しません。次にUSB→パラレルの変換ケーブルを使ったところデータ自体が送られません。しかしながら、ハードウェア的に適合性が取れているのであれば、データや制御信号の受け取りの過程に問題があるのではないか、そう考えたときに一つ思い至る事がありました。そのPrintiva 600CにUSBが付いていたのだろうかと。

 いろいろ調べてみましたが、あまりにも古い機種なのか仕様は判りませんでした。そもそもMD-5500自体、アルプスのマイクロドライプリンタで唯一USBが装備された機種です。今の感覚では奇異に思われるかもしれませんが、発売された16年前はまだUSB規格が普及し始めた頃でした。


 そこで、私のPCのマザーボードではバラレルポートはオプションだったため、PC屋に行って外部接続コネクタを買って取り付け、パラレル接続で試したところ、テストページが印刷できました。やはりUSBが障害になっていたようです。



 まとめると、

・Windows7 64bit版に於いて
 ドライバは Citizenの Citizen Printiva 600C用を当てる
 (コントロールパネル→デバイスとプリンター→プリンターの追加の際に
 Windows Updateボタン押下でMS製64bit対応ドライバが指定可能になる)
・PCとプリンタはパラレルインターフェース同士で接続する、USB経由は不可

 これで一応印刷ができるようにはなりました。しかしながら制約も多々あります。

・印刷は紙用インク4色のみ、特色は指定できない
・ページ合成も指定不可
・カラーの場合、黒がインク4色の合成で印刷される
・通信は片方向のみ、インク切れはカートリッジ直接確認

 このため満足な運用とは言い難く、専用のマシンも依然残る事になりますが、艦船用のデカールを作成する場合は単色白と黒が印字できれば多くの部分はカバーできますし、ページ合成の場合も前段階の原稿の作成と確認までここでできるので、私にとってはかなり楽になりました。白はそのままでは使えませんが、使用済みの黒のカートリッジの中身を入れ替えてモノクロ指定する事で印刷できるようになります。


 左が未使用の白(ベースホワイト)のインクリボンカートリッジ、左が使用済みの黒カートリッジ。仕様は全く同一で、識別は画像左下側面のラベルで行います。この識別ラベルを貼り替える方法もありますが、粘着力が弱くなってずれたりして識別できなくなる事もあるため、中身を入れ替えるのが確実です。このように消耗品のカートリッジは分解や中身の入れ替え、切れたリボンの補修が容易で、この「ユルさ」がマイクロドライプリンタの特徴でもありました。また物理的にインク詰まりが起きないため、仮に数年間放置してもノーメンテナンスで以前と同じく印刷できるというメリットもありました。




 これはかつて海王丸の救命ボートの際に作成したデカールの原稿で、最小文字は0.3x0.3mm、1200x600dot指定の印字です。さすがにこのサイズでデカールに印刷すると印字が欠ける場合もあるので、必要をはるかに超える数をプリントして上手く印字できた部分を使います。ただし、白印字はKAIWO MARUの細さが限界で、それ以下の文字は綺麗に出ません。


 同じく着座指定位置と思われるマーキングですが、線の太さは0.3mm程度、所々印字が切れているように白は他の色に比べて0.3mm以下の極細線の印字に若干の難があります。他ジャンルではここまでの精度を求められる局面は少ないようですが、艦船では1/700を中心に充分有り得るサイズです。

この項は以上です。

短信2

2010–10–02 (Sat)
 今年の始めに次いでまたパソコンのデータ用のハードディスクが壊れました。

 設定ファイルを読み込むソフトの実行が2週間ほど前から妙に遅くなり、数日前に起動させたところ明らかに設定を読まずに実行したため、フォルダを見た所ファイルが消失。そこでマイコンピュータ→該当ドライブ右クリック→プロパティ→ツール→エラーチェック(CHKDSKの実行)でエラーを修復させた所、消えたファイルが戻ってきました。

 ファイルシステムの一部破損でファイルが消えたように見える事は極く希ながらあることなのでそのまま使用した所、数日前からまた実行が遅くなり始めました。いつもであればここでハードディスクそのものを疑う所ですが、あいにく先月から今月に掛けては出費が非常に多く、ディスクの状態を示すモニターも特に差し迫った値は示していなかったため、そのまま使用していました。

 そしてパソコンの起動時にドライブチェックが自動実行され、立ち上がった後にドライブを開こうとすると「インページ操作の実行エラー」で開きません。ハードディスク全体の動作不良の際に良く表示される最悪のメッセージの一つで、目の前が真っ暗になりました。

 最重要のファイルは少し前にバックアップを取ってあったものの、散々溜め込んだムービーファイル1テラ分が全て消えて無くなるのはかなり悲しい。リカバリーソフトでスキャンを掛けた所、全体の作動不良ではなくディスクの記録面の一部が読めなくなった事によってファイルシステム全体が壊れて内容が表示できなくなったように見えたため、PC屋に行って代わりのディスクを渋々購入。丸一昼夜掛けてリカバリーソフトで認識できるデータを全て吸い上げました。幸い、9割方データは回復できましたが、とんだ事になってしまいました。



 以前、ふね検定の初級に合格した時に、続いて中上級を受けると書きました。試験は明日ですが、現状はちょっと試験どころではなく、さすがに中上級は問題集を数回読んで良しというものではないので、次回(例年なら来年夏)に持ち越しとしました。

 また、1/350の何かを2ヶ月弱で仕上げるのはさすがに見通しが甘すぎで、現在はまだ本題にすら入れていません。従って1/100海王丸の製作は年末まで一時休止とします。進捗を期待されている方には申し訳なく思っています。

短信

2010–01–05 (Tue)
 皆様あけましておめでとうございます。
 今年も一つでも多く良いキット、良い模型に巡り会いたいものです。
 当方は相変わらず定期更新とはゆかないかもしれませんが、よろしくお願い致します。



 3年前はマザーボードが壊れ、一昨年は電源が壊れと、最近正月になるとPCにトラブルが起きています。今年はデータ用のハードディスクが買って3ヶ月目で壊れました。

 年末に録画で大量にデータを詰めたのと前後してコンコンと嫌な音が時折PCから出るようになり、年が明けてから各ディスクのベンチマークを走らせた所、データ用のディスク(SEAGATE ST31500541AS)から連続して音が鳴り始め、あわてて最低限重要なデータを他のディスクやネットワークでつないだ予備機にコピーしました。


 その後PC屋の初売りに駆け込み、内蔵用の格安品がなかったため半額で出ていたIOデータのUSB外付けディスクを買う羽目に。USBでは転送速度が遅いため、中身を分解して取り出し、PCに組み込んで残りのデータをコピーしましたが、最後の方は異音と共にデータの転送速度がみるみる落ちてゆきました。

 PCのハードディスクは壊れるときはあっけなく壊れるものですが、私が見聞きした範囲では異音が出たり、データの読み書きに突っかかるようになったり、起動ドライブであれば起動が通常よりも長く掛かるようになったりと、何らかの前兆が出ることが多いようです。中でも連続した異音は緊急性の高いもので、放置すれば早々に使えなくなります。


 ネットで調べるとどうもSEAGATE ST31500541ASの動作不良報告は他にもあるようで、ちょっと調べが足りなかったようです。新春早々とんだ災難でした。

PC更新とblog一時停止について

2009–09–30 (Wed)
 9月初旬からゴタゴタしている事です。

 私のPCはNECの法人仕様機で、メモリとHDDを換装した以外は特に手を入れることもなく丸5年近く使ってきました。CPUは Pentium4の2.8Gで、動画配信サイトの高画質動画の中に満足に再生できないものが増えてきたことと、Flash広告を多用するサイトの表示にもたつく点が気になるくらいで、これらもグラフィックボードを替えればある程度解決するのではないかと見ていました(ゲームはほとんどしません)。

 しかし、私はたまにPCでの映像加工もやるのですが、アナログ環境では全く問題がなかった編集加工もハイビジョンムービーとなると全くの力不足で、30分弱のムービーの処理に早くて4時間半、特殊効果のフィルターを何枚も入れると処理予想25時間などと表示される有様。CPU使用率はほぼ100%で他の作業は全くできませんし、そうでなくともマザーと電源がそれぞれ一度ずつ壊れているマシンにこれ以上無理はさせられません。

 そのためPCを更新することにしました。今までは安定度重視でメーカーの法人仕様機を使ってきましたが、以前電源が壊れた際に市販のものが格納できなかった事もあり、パーツを取り揃えて一台組み上げる事にしました。映像加工の目的でCPUには性能の高いものが必要なため、上位製品の中からコストパフォーマンスの良さそうな Core 2 Quad Q9550を選び、P45マザーに DDR2-800メモリ4Gで構成を組み、そう注文書に書いたつもりでしたが…


 手元にあるのは最新の Core i7 860に P55マザーに DDR3-1333メモリ4G。この時点で予算50%オーバーで緊急融資を仰ぐ羽目になってしまいました。

 貯金はありますが、衝動買いで勝手に予算見積もりを上回っておきながら貯金崩しますでは周囲に示しがつきませんし、自分自身も納得できません。それで今は融資返済の金策に走り回っている有様です。秋の艦船の新製品ではアオシマの妙高とハセガワの矢矧の感想は書きたいと思っていたのですが、かかる事情でそれどころでは無くなってしまいました。どちらももし将来入手する機会があれば、簡単に触れるかもしれません。


 組み立てに関しても少し。


 マザーボードにCPUとクーラーを取り付けた所まで。クーラーはCPU付属のものでは少し貧弱な気がした上に、映像加工で長時間高負荷を掛けるため、サイズ社の鎌アングルという大型の製品を調達して付けています。


 ケースに一通り取り付けた所。内部に12cmファンを3個付け、画像右側のファンが外気取り入れ、CPUクーラーに付いているファンは熱を左側に吸い出し、左の排気ファンで外に出す流れになっています。下のグラフィックボードはGeForce 9600GT(ASUS EN9600GT/HTDI/512M/R3)ですが、少しファンの音が耳障りでかつPCからのファン制御ができないため、写真を撮った後に配線の間にボリューム抵抗をかませ物理的に回転数を絞って使っています。

 新PCはさすがに最新CPUだけあって性能は段違いで、最初に触れたムービーの処理時間は4時間半が20~30分、25時間予想が1時間~1時間半で上がります。CPU使用率も50~60%で、これなら他の作業をしながらでも充分待てる時間です。


この画像はクリックすると拡大表示します。

 ついでにCrystalCPUIDの数値。左がアイドリング時、右が映像処理中(H264 2passエンコード、8スレッド使用、CPU使用率50~60%)です。ソフトがまだ対応していないようで COREが i5表示ですが、中身はi7です。CPU-Zの数値は挙げませんが、CPUクロック周波数は公称2.80GHzのところ、アイドリングまたは低負荷の時は3.3GHzぐらいまで自動的に周波数を上げ、高負荷の時には2.8GHz近辺に下げるような仕組みになっています。



 こんな無茶の後始末でしばらくは模型どころではないため、特段大きな事柄でもない限り10月一杯まで当ブログも休止します。いつも訪問して頂いている方には申し訳なく思っています。

メインのPC故障。

2008–01–06 (Sun)
 前日まで何の気配も無かったのですが、新年を迎えて朝一に、PCの電源ボタンを押してもウンともスンとも言わなくなってしまいました。

20080105_1

 筐体を開いて、全く通電しないので赤矢印の電源ユニットが壊れたのだろうと推測し、配線を外して「こんなこともあろうかと」以前にPC屋の特売で買っておいた電源ユニットをつないでボタンを押したら無事起動しました。

20080105_2

 外したユニットを分解したところ、基板上のコンデンサのうち2個の天井が膨らんでいました。どうもこれが原因のようで、恐らくこれらを外して同性能のものと取り替えれば復旧すると思うのですが、ものが電気の入口の部品なので、素人修理は止めてこの筐体に入る電源を探すことにしました。原因は明白ですが本体部品の無償交換期間は過ぎている上に、NECは内蔵部品の別売を行っていないので、修理には出さない事にしました。

20080105_3

 予備の電源は筐体に入らないので、ユニットを外に出して使います。私はPCをビデオラックの中に入れて使っているのでこれでも問題はありませんが、非常にカッコ悪い上にこれ自体あの「筋肉電源」なので、できるだけ早く代わりの電源を探すことにします。

 以下の項目はおまけですが、食事中や直前直後の方は見ない方が良いかもしれません。

続きを読む ⇒

 | HOME |  次へ »

プロフィール

MOMOKO.120%

Author:MOMOKO.120%
職業:自営業見習い
趣味:ブログの通り
模型の守備範囲:船
Webページ:模型の缶詰

現在は1/100初代海王丸の製作を一時休止して、ハセガワ1/350空母隼鷹を製作しています。

Twitter

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【3件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【6件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【14件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【9件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【11件】
2008年 04月 【10件】
2008年 03月 【10件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【15件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【15件】
2007年 10月 【15件】
2007年 09月 【15件】
2007年 08月 【16件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【15件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【16件】
2006年 11月 【15件】
2006年 10月 【16件】
2006年 09月 【15件】
2006年 08月 【15件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【13件】

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブログランキング

気に入っていただけましたら
押して頂けると励みになります

AD banner

楽天で探す
楽天市場